Aspose.BarCode  for Reporting Services

SSRSレポートでバーコードをレンダリングする

Microsoft SQL ServerReportingServices内から線形および2Dバーコードを生成します。

  ダウンロード无料トライアル
  
 

Aspose.BarCode for Reporting Servicesは、Microsoft SQL ServerReportingServices内で線形および2Dバーコードをレンダリングするための包括的なソリューションです。バーコードラベルは、英語以外の文字でエンコードし、BMP、JPEG、GIF、およびPNG形式でレンダリングできます。

高度なバーコードレポーティングサービスAPI機能

EPCQRコード化バーコードを生成して認識します

MaxiCodeおよびDotCodeレンダラーが追加されました

任意のベクター画像形式でバーコードを保存

バーコードをSVGに保存

サポートされているバーコード記号

Aspose.BarCode for Reporting Servicesは、次のような40を超える最も人気のあるバーコードシンボルをサポートしています。

  • AustraliaPost
  • Aztec
  • BooklandEAN
  • Codabar
  • Code11
  • Code16K
  • Code128
  • Code39Extended
  • Code39Standard
  • Code93Extended
  • Standard2of5
  • Code93Standard
  • DataBar
  • DataMatrix
  • DeutschePostIdentcode
  • DotCode
  • EAN128
  • EAN13
  • EAN14
  • EAN8
  • GS1 Datamatrix
  • IATA2of5
  • UPCA
  • Interleaved2of5
  • ItalianPost25
  • ITF14
  • Leitcode
  • MacroPdf417
  • Matrix2of5
  • MaxiCode
  • MSI
  • OneCode
  • OPC
  • UPCE
  • PatchCode
  • Pdf417
  • Planet
  • Postnet
  • PZN
  • QR
  • RM4SCC
  • RM4SCC
  • SSCC18
  • UpcaGs1DatabarCoupon
  • VIN
  • Code16K

バーコードラベルのカスタマイズ

Aspose.BarCode for Reporting Servicesによって生成されたバーコードは、さまざまな方法でカスタマイズできます。たとえば、サイズ、前色、背面の色、コードテキストの場所、角度、キャプション(色、場所、サイズ)などです。最も一般的なアプリケーションのニーズ。

SQL ServerReportingServicesとの統合

Aspose.BarCode for Reporting Servicesは、VisualStudioのツールボックスにAspose.BarCodefor Reporting Servicesを追加するだけで、既存および新規のプロジェクトと簡単に統合できます。ツールボックスで使用できるようになると、必要な場所にプロジェクトに簡単にドラッグアンドドロップできます。

VisualStudio用のバーコードデザイナー

The layout of the barcode labels can be altered by using the fully-integrated VisualStudio用のバーコードデザイナー. Developers can preview and adjust the barcode images at design-time. The designer also allows customizing various settings to adjust the appearance of barcode images.