DOCX JPG PDF XML HTML
  Product Family
XPS

Javaを介してHTMLをXPSに変換する

オンプレミスJavaライブラリを使用して単一または複数のページをXPSに変換するためのHTMLからXPSJavaへの変換。

Javaを使用してHTMLをXPSに変換する方法

HTMLをXPSにレンダリングするために、

Aspose.Cells for Java

APIは、機能が豊富で、強力で、使いやすい変換APIfor Javaプラットフォームです。最新バージョンはから直接ダウンロードできます

Maven

次の構成をpom.xmlに追加して、Mavenベースのプロジェクトにインストールします。

リポジトリ


<repository>
<id>AsposeJavaAPI</id>
<name>Aspose Java API</name>
<url>https://repository.aspose.com/repo/ </ url>
</repository>

依存

<dependency>
<groupId>com.aspose</groupId>
<artifactId>aspose-cells</artifactId>
<version>version of aspose-cells API</version>
<classifier>jdk17</classifier>
</dependency>

Javaを介してHTMLをXPSに変換する手順

Java開発者は、わずか数行のコードでHTMLファイルをXPSに簡単に変換できます。

  1. Workbookクラスのインスタンスを含むHTMLファイルをロードします1. Workbook.saveメソッドを呼び出す1. XPS拡張機能とSaveFormatをパラメーターとして使用して出力パスを渡します1. 結果のXPSファイルの指定されたパスを確認します

システム要求

Java変換ソースコードを実行する前に、次の前提条件があることを確認してください。

  • MicrosoftWindowsまたはJSP/JSFアプリケーションおよびデスクトップアプリケーション用のJavaランタイム環境と互換性のあるOS。- Mavenから直接Aspose.Cellsfor Javaの最新バージョンを入手します。
 

HTMLからXPSJavaへの変換ソースコード

// WorkbookのインスタンスにHTMLファイルをロードします
Workbook book = new Workbook("template.html");
// HTMLをXPSとして保存
book.save("output.xps", SaveFormat.AUTO);   
 
  • HTMLからXPSへの変換ライブデモ

    HTMLをXPSに変換する 今すぐライブデモのウェブサイトにアクセスしてください。ライブデモには次の利点があります。

      AsposeAPIをダウンロードする必要はありません。
      コードを書く必要はありません。
      HTMLファイルをアップロードするだけで、すぐにXPSに変換されます。
      ダウンロードリンクが表示されます。

    Javaスプレッドシート操作ライブラリ

    Excel APIを使用して、Microsoft Excel形式を作成、編集、変換、およびさまざまな形式にレンダリングできます。さらに、ソフトウェアアプリケーション内での包括的なグラフ作成、スケーラブルなレポート作成、および信頼性の高い計算に使用できます。 Aspose.CellsはスタンドアロンAPIであり、MicrosoftやOpenOfficeなどのソフトウェアは必要ありません。

    HTML HTML ファイル形式とは

    HTML(ハイパーテキストマークアップ言語)は、ブラウザで表示するために作成されたWebページの拡張機能です。 Webの言語として知られるHTMLは、Webページの一部として表示される新しい情報要件の要件とともに進化してきました。最新のバリアントはHTML5として知られており、言語を操作するための多くの柔軟性を提供します。 HTMLページは、ホストされているサーバーから受信するか、ローカルシステムからロードすることもできます。各HTMLページは、フォーム、テキスト、画像、アニメーション、リンクなどのHTML要素で構成されています。これらの要素は、img、a、pなどのタグで表され、各タグには開始と終了があります。また、JavaScriptやスタイルシート(CSS)などのスクリプト言語で記述されたアプリケーションを埋め込んで、全体的なレイアウトを表現することもできます。

    続きを読む

    XPS XPS ファイル形式とは

    XPSファイルは、Microsoftによって作成されたXMLPaperSpecificationsに基づくページレイアウトファイルを表します。この形式は、EMFファイル形式の代わりとしてMicrosoftによって開発され、PDFファイル形式に似ていますが、ドキュメントのレイアウト、外観、および印刷情報にXMLを使用します。実際、XPSはPDFの試みであると言うのがより正当化されますが、いくつかの理由でPDFが所有するほどの人気を得ることができませんでした。 Microsoftは、XPSファイルの作成用にWindows7以降のデフォルトでXPSDocumentWriterを提供しています。 XPSファイルは、ドキュメントの印刷中にプリンターとして「MicrosoftXPSDocumentWriter」を選択することで生成できます。

    続きを読む

    その他のサポートされている変換

    HTMLを、以下にリストされているいくつかを含む他の多くのファイル形式に変換することもできます。

    HTMLからBMPへ (ビットマップ画像)
    HTMLからCSVへ (カンマ区切り値)
    HTML TO DIF (データ交換フォーマット)
    HTMLからEMFへ (強化されたメタファイル形式)
    HTMLからGIF (グラフィカルな交換形式)
    HTMLからJPEGへ (JPEG画像)
    HTMLからMHTML (Webページのアーカイブ形式)
    HTML TO ODS (OpenDocumentスプレッドシートファイル)
    HTMLからPDF (ポータブルドキュメントフォーマット)
    HTMLからPNGへ (ポータブルネットワークグラフィックス)
    HTMLからSVGへ (スケーラブルベクターグラフィックス)
    HTMLからTIFF (タグ付き画像形式)
    HTMLからTSV (タブ区切り値)
    HTMLからTXT (テキストドキュメント)
    HTMLからXLM (Excelマクロファイル)
    HTMLからXLS (Excelバイナリ形式)
    HTMLからXLSB (バイナリExcelワークブックファイル)
    HTMLからXLSX (OOXMLExcelファイル)
    HTMLからXLT (MicrosoftExcelテンプレート)
    HTMLからXLTM (Excelマクロ対応テンプレート)
    HTMLからXLTX (OfficeOpenXMLExcelテンプレート)
    HTMLからJSON (JavaScriptオブジェクト表記)