HTML JPG PDF XML XLSX
  Product Family
CSV

Pythonを介してSPREADSHEETMLをCSVに変換します

PythonAPIを使用してExcel®スプレッドシートをCSV形式にエクスポートします。

Pythonを使用してSPREADSHEETMLをCSVに変換する方法

SPREADSHEETMLをCSVに変換するには、

Pythonの場合はAspose.Cells

APIは、機能が豊富で、強力で、使いやすいドキュメント操作と変換APIforPythonプラットフォームです。

Pythonを介してSPREADSHEETMLをCSVに変換する手順

Python開発者は、わずか数行のコードでSPREADSHEETMLファイルを簡単にロードしてCSVに変換できます。

  1. Workbookのインスタンスを含むSPREADSHEETMLファイルをロードします1. Workbook.Saveメソッドを呼び出します1. パラメータとしてCSV拡張子を使用して出力パスを渡す1. 結果のCSVファイルの指定されたパスを確認します

システム要求

PythonのAspose.Cellsはプラットフォームに依存しないAPIであり、任意のプラットフォーム(Windows、Linux、MacOS)で使用できます。システムがJava1.8以上であることを確認してください。 Python 3.5以上。

  • Javaをインストールし、PATH環境変数に追加します。次に例を示します。 PATH=C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_131;。- からPythonのAspose.Cellsをインストールします pypi、コマンドを次のように使用します。 $ pip install aspose-cells
SPREADSHEETMLをCSVに変換するための無料アプリとサンプルコード
Input file
Select format
   
                                   
    
	
  using Aspose.Cells;     
  var workbook = new Workbook("Input.xlsx");
  workbook.Save("Output.pdf");
	                
                
            
すべてのExcelファイルを生成、変更、変換、レンダリング、および印刷する機能を備えたクロスプラットフォームアプリケーションを構築できるExcelスプレッドシートプログラミングライブラリ。 Python Excel APIは、スプレッドシート形式間で変換するだけでなく、Excelファイルを画像、PDF、HTML、ODS、CSV、SVG、JSON、WORD、PPTなどとしてレンダリングできるため、ドキュメントを交換するのに最適です。業界標準の形式で。

SPREADSHEETML SPREADSHEETML ファイル形式とは

XMLはExtensibleMarkupLanguageの略で、HTMLに似ていますが、オブジェクトを定義するためのタグの使用が異なります。 XMLファイル形式の作成の背後にある全体的な考え方は、ソフトウェアやハードウェアのツールに依存することなくデータを保存および転送することでした。その人気は、人間と機械の両方で読み取り可能であるためです。これにより、World Wide Web(WWW)などのネットワークを介して保存および共有されるオブジェクトの形式で共通のデータプロトコルを作成できます。 XMLの「X」は拡張可能であり、ユーザーの要件に応じて言語を任意の数の記号に拡張できることを意味します。 Microsoft Open XML、LibreOffice OpenDocument、XHTML、SVGなど、多くの標準ファイル形式で使用されるのはこれらの機能のためです。

続きを読む

CSV CSV ファイル形式とは

拡張子が.csv(コンマ区切り値)のファイルは、コンマ区切り値のデータのレコードを含むプレーンテキストファイルを表します。 CSVファイルの各行は、ファイルに含まれているレコードのセットからの新しいレコードです。このようなファイルは、あるストレージシステムから別のストレージシステムへのデータ転送を目的とした場合に生成されます。すべてのアプリケーションはコンマで区切られたレコードを認識できるため、このようなデータファイルのデータベースへのインポートは非常に便利です。 MicrosoftExcelやOpenOfficeCalcなどのほとんどすべてのスプレッドシートアプリケーションは、多くの労力をかけずにCSVをインポートできます。このようなファイルからインポートされたデータは、ユーザーに表示するためにスプレッドシートのセルに配置されます。

続きを読む

その他のサポートされている変換

SPREADSHEETMLを、以下にリストされているものを含む他の多くのファイル形式に変換することもできます。

BMPへのSPREADSHEETML (ビットマップ画像)
EMFへのスプレッドシート (強化されたメタファイル形式)
GIFへのスプレッドシート (グラフィカルな交換形式)
HTMLへのSPREADSHEETML (ハイパーテキストマークアップ言語)
MDへのスプレッドシート (マークダウン言語)
MHTMLへのSPREADSHEETML (Webページのアーカイブ形式)
ODSへのスプレッドシート (OpenDocumentスプレッドシートファイル)
PDFへのスプレッドシート (ポータブルドキュメントフォーマット)
PNGへのSPREADSHEETML (ポータブルネットワークグラフィックス)
SVGへのSPREADSHEETML (スケーラブルベクターグラフィックス)
TIFFへのSPREADSHEETML (タグ付き画像形式)
TSVへのSPREADSHEETML (タブ区切り値)
TXTへのSPREADSHEETML (テキストドキュメント)
XLSへのスプレッドシート (Excelバイナリ形式)
XLSBへのSPREADSHEETML (バイナリExcelワークブックファイル)
XLSMへのSPREADSHEETML (スプレッドシートファイル)
XLSXへのスプレッドシート (OOXMLExcelファイル)
XLTへのSPREADSHEETML (MicrosoftExcelテンプレート)
SPREADSHEETMLからXLTM (Excelマクロ対応テンプレート)
XLTXへのSPREADSHEETML (OfficeOpenXMLExcelテンプレート)
XMLへのSPREADSHEETML (拡張マークアップ言語)
XPSへのSPREADSHEETML (XML用紙仕様)
JSONへのSPREADSHEETML (JavaScriptオブジェクト表記)