日本語

.NETのデータ可視化API

GISデータを処理するための.NETのAPI

.NETで可視化

  無料試用版をダウンロード
PNG JPG BMP TIFF GPX
Aspose.GIS for .NET
GIS

概要

.NETのデータ可視化APIは、.NET開発者が作成した完全に管理されたサービスで、.NET のGISライブラリを使用してGISデータをすばやく簡単に操作することができます。.NETのデータ可視化APIは、.NETの開発者が作成した完全に管理されたサービスで、.NET:

  • 複雑な視覚化のための広範囲のシンボルにアクセスできる、地理空間データのベクトルおよびラスター形式のマップを作成します;
  • .NETフレームワークと.NETコアAPIを使用してクロスプラットフォームアプリケーションを構築します。 マッピング、ジオコーディング、ルーティング、および処理機能を備えたデスクトップまたはモバイルマッピ;
  • GISデータをベクトルまたはラスターファイル形式にエクスポートします。
アスポーズGISfor.NETは、GIS処理のための強力なオンプレミスライブラリです。 アプリケーションの機能を展開して変更するには、次のようにします:
  • 一つのマップ画像上に複数のレイヤーを結合します。
  • ポイント、ライン、サーフェスにスタイルを適用します。
  • SLD形式でスタイルをインポートします。
  • ラベルとテキストを描画します。 テキストにスタイルを適用し、地図上の場所を自動検出します。
  • 曲線に沿ってラベルを描画します。
  • クラスタ化された点を描画します。
サードパーティ製のアプリケーションに頼ることなく、このすべてとより。 説明と無料または有料のサポートと私たちのコードサンプルを使用して、独自のアプリケーションを書


データの可視化とは何ですか?

データの視覚化は、基本的なデータ情報を視覚的に表現したものです。
地理空間データは、地球の表面にあるオブジェクト、イベント、または現象に関するデータです。 これには、位置(主に座標)、属性(特性)、および一部の時間(存在時間、場所、および属性)の情報が含まれます。 地理空間データには、固有の視覚的なコンテンツはありません。 データを視覚化するには、最初にスタイルを設定する必要があります。 このスタイルは、マップ上にデータを表示するために、色、形状、位置、サイズ、値、テクスチャ、向きなどの可視属性を定義します。 .NETのAPIを使用してSLD(Styled Layer Descriptor)からスタイルをインポートすることができます。

データは基礎です。 人間は基本的に視覚的な生き物であるため、データの最も理解しやすい表現は視覚化です。 データの可視化では、データの明確でわかりやすい分析を得ることができるので、GISの特定の知識がない様々な業界の人々は、データを可視化し、それに基づ

視覚的なサポートなしでは、データ分析は完了しません。 私たちのAPIを使用すると、.NETを記述せずに.NETベースのマップ視覚化を作成できます。 地理空間データを誰もがアクセスできるようにします。


なぜAspose。GIS.NETのために?

Aspose®の顧客は、ソフトウェア開発者やコンサルティング会社から銀行、政府機関、学術機関まで、さまざまな業界から集められています。 GIS、マップ、およびデータの視覚化の経験が必要な場合はいつでも、Asposeが必要です。GIS
私たちの21,000+のいくつか お客様 世界中で彼らを共有している 成功事例 もう

サポートされている形式

  • シェープファイル;
  • ジオソン;
  • FileGDB;
  • GML;
  • KML;
  • SVG;
  • PostGis、Sqlサーバー;
  • ジオティフ;
そしてより多く。 の全リスト サポートされているファイル形式.

レンダースタイルと機能のカスタマイズ
入力ファイル
変換したいファイルをアップロードします
                
                    
using (var map = new Map(800, 476))
{
    var baseMapSymbolizer = new SimpleFill { FillColor = Color.Salmon, StrokeWidth = 0.75 };
    map.Add(VectorLayer.Open(dataDir + "basemap.shp", Drivers.Shapefile), baseMapSymbolizer);

    var citiesSymbolizer = new SimpleMarker() { FillColor = Color.LightBlue };
    citiesSymbolizer.FeatureBasedConfiguration = (feature, symbolizer) =>
    {
        var population = feature.GetValue<int>("population");
        symbolizer.Size = 10 * population / 1000;
        if (population < 2500)
        {
            symbolizer.FillColor = Color.GreenYellow;
        }
    };
    map.Add(VectorLayer.Open(dataDir + "points.geojson", Drivers.GeoJson), citiesSymbolizer);

    map.Render(dataDir + "cities_out.svg", Renderers.Svg);
                
            
レンダースタイルと機能のカスタマイズ
ラスタ形式からのマップのレンダリング
                
                    
string filesPath = RunExamples.GetDataDir();
            
using (var map = new Map(500, 500))
{
    var layer = Drivers.GeoTiff.OpenLayer(Path.Combine(filesPath, "raster_float32.tif"));
    // Conversion to colors is detected automatically.
    // The maximum and minimum values are calculated and linear interpolation is used.
    map.Add(layer);
    map.Render(filesPath + "raster_float32_out.svg", Renderers.Svg);
}
                
            
ラスタ形式からのマップのレンダリング
マップのレンダリング時に極座標空間参照を使用する
                
                    
string filesPath = RunExamples.GetDataDir();

// make own multi colorizer it works faster than auto-detection
var colorizer = new MultiBandColor()
{
    RedBand = new BandColor() { BandIndex = 0, Min = 0, Max = 255 },
    GreenBand = new BandColor() { BandIndex = 1, Min = 0, Max = 255 },
    BlueBand = new BandColor() { BandIndex = 2, Min = 0, Max = 255 }
};

using (var map = new Map(500, 500))
{
    // setup the polar extent and coordinate system (gnomonic spatial reference)
    map.SpatialReferenceSystem = SpatialReferenceSystem.CreateFromEpsg(102034);
    map.Extent = new Extent(-180, 60, 180, 90) { SpatialReferenceSystem = SpatialReferenceSystem.Wgs84 };
    map.BackgroundColor = Color.Azure;

    // open geo-tiff
    var layer = Drivers.GeoTiff.OpenLayer(Path.Combine(filesPath, "raster_countries.tif"));

    // draw
    map.Add(layer, colorizer);
    map.Render(filesPath + "raster_countries_gnomonic_out.png", Renderers.Png);
}
                
            
マップのレンダリング時に極座標空間参照を使用する

C#Viewerライブラリ

Asposeをインストールする簡単な方法があります。システムへの.NETのGIS:

  • Asposeパッケージをインストールします。GISVisual Studioのパッケージマネージャコンソールから NuGetパッケージ.
  • またはパッケージをからダウンロードできます 私たちのサイト;
  • Asposeパッケージを更新します。GIS。 最新バージョンにアップグレードするには。
  • ドキュメントを参照.

システム要件

Data Visualization API for.NETは、ほとんどのプラットフォームとオペレーティングシステムでサポートされており、ASP.NET、WinForms、Windowsサービスなど、いくつかの異なるタイプの.NETアプ API for.NETは使いやすく、展開も簡単で、.NET Framework4.7、.NET Standard2.0、およびXamarinプラットフォームで地理空間情報を操作するための理想的なソリューションを提供します。 コードを実行する前に、システムが適切な要件を満たしていることを確認してください。

アスポーズViewer上のライブデモC#

C#の強力で使いやすいアプリのサンプルと対話します。 私たちのデータツールを試してみてください。 でライブデモC#

主な特長

一つのマップ画像上に複数のレイヤーを結合します。

ポイント、ライン、サーフェスにスタイルを適用します。

SLD形式からスタイルをインポートします。

ラベルとテキストを描画します。 テキストにスタイルを適用し、地図上の場所を自動検出します。

クラスタ化された点を描画します。

作成したマップをSVG、PNG、BMP、またはJPEGで保存します。

マップの空間参照系を管理します。

曲線に沿ってラベルを描画します。

高度なレンダリングを使用する:シンボライザ、ジオメトリジェネレータ、混合ジオメトリを結合します。