Aspose.Imaging  for Java

画像処理用のJavaライブラリとAPI

画像エディタを必要とせずに、画像を作成、ロード、操作、または変換します。

  無料トライアルをダウンロード
  
 

Aspose.Imaging for Java は、高度な画像処理機能を提供するライブラリです。このAPIを使用して、画像や写真を簡単に作成、読み込み、操作、変換、圧縮できます。また、仮定します。 Imaging Libraryは、グラフィックプリミティブの描画と操作をサポートしています。画像のエクスポートと変換(均一な複数ページの画像処理を含む)は、画像変換(サイズ変更、トリミング、反転と回転、2値化、グレースケール、調整)、高度な画像操作機能(フィルタリング、ディザリング、マスキング、デスキュー)とともにAPIコア機能の1つです。 )およびメモリ最適化戦略。

Aspose.Imaging for Java は、柔軟で安定した強力なAPIであり、DjVu、DICOM、WebP、DNGなどの特別な形式とともに最も一般的に使用される形式を処理できます。

高度な画像処理API機能

画像の作成、読み込み、編集

画像をさまざまな形式に変換する

さまざまな画像フィルターと効果(ガウス、ぼかし、中央値、グレースケール、2値化、ディザリングなど)

トリミング、サイズ変更、回転-反転

画像デスキュー

アニメーション化されたマルチフレーム画像をサポート

均一な画像ページ(フレーム)処理

グラフィックを使用して画像を描画する(グラフィックパスとさまざまな幾何学的形状)

画像マスキング

メモリ最適化戦略

フォントの側面を制御しながらテキストを描画します

フォントを埋め込んだりエクスポートしたりしてSVGを保存する

画像形式の変換

APIは、豊富な処理ルーチンのセットに加えて、画像変換のオールインワンソリューションとなる一連の高度なアルゴリズムも提供します。これらのアルゴリズムは特殊なクラスにカプセル化されており、使いやすく、PSD、WMF、EMF、DjVu、DICOM、DNG、WebP形式とともに信頼性の高い従来のラスター形式に画像をエクスポートできます。

このライブラリを使用すると、ファイル拡張子を目的の形式に変更するだけで、形式の変換が簡単になります。

さまざまな形式で画像を保存 - Java

動的に画像を描画する

Aspose.Imaging for Javaは、コア機能とともに高度な描画機能のセットをサポートします。開発者は、ピクセル情報を操作するか、グラフィックスやパスなどの高度な機能を使用して、画像の表面に描画できます。

Java画像ライブラリを使用すると、線、曲線、長方形、その他の幾何学的形状を簡単に描画したり、閉じた形状を単色またはグラデーションやテクスチャで塗りつぶしたり、フォントを細かく制御するオプションを使用してテキストを描画したり、既存の画像データを読み込んで画像を描画したりできます。

写真を編集する

Aspose.Imagingは、写真の読み込み、編集、処理、保存を行う機能を提供します。ライブラリを使用すると、ロードされた写真を簡単に編集したり、フィルターを適用したり、グラフィックスとパスを使用して写真を操作したりできます。 Aspose.Imagingを使用すると、写真を簡単にフィルタリングできます。

写真の読み込み、編集、フィルタリング、保存 - Java

画像を圧縮する

Aspose.Imaging for Javaは、圧縮されたベクター画像をサポートしています。これらは、zipアーカイバを使用して圧縮されたEMF、WMF、SVG形式のベクター画像です。それらのサイズは、平均して元のサイズの30〜70%です。これにより、メディアのスペースが節約され、ネットワークを介したファイル転送時間が短縮されます。

イメージを作成し、操作してディスクに保存します

Aspose.Imaging for Javaを使用すると、指定したパラメーターを使用して画像を簡単に作成し、操作して保存できます。

png画像を作成し、操作して保存します - Java

  
  

Aspose.Imagingは、以下に示すように、他の一般的な開発環境向けに個別のイメージングAPIを提供します。