Java による画像ファイルの変換

画像形式、メタファイル、WebP、SVG、APNG を変換して、クロスプラットフォームの Java アプリケーションを構築します。

 

高度な画像処理アプリケーションの場合、Java Image API を使用すると、開発者は画像エディターを必要とせずに画像を作成、読み込み、操作、またはレンダリングできます。写真や画像を含むベクターおよびラスター画像を、PSD、PDF、GIF、PNG、DICOM、DXF、SVG、JPG、JPEG2000、APNG、BMP、TIFF、HTML5 CANVAS、WMF、EMF、WEBP、およびその他の画像形式に変換できます。 API は、画像を白黒およびグレースケールに変換するための 2 値化およびグレースケール メソッドを提供し、開いているドキュメント グラフィック、RGB カラー システムを CMYK などに変換します。

画像ファイルの相互変換

Java Image API を使用すると、Inter 変換は簡単で、開発者は image から jpgimage から bmpimage から png など、どのような場合でも数行のコーディング行を書くだけで済みます。API は Image.load で画像を読み込みます。 ImageOptionsBase から関連する画像オプションを指定し、出力画像ファイルとオプションをパラメーターとして保存メソッドを呼び出します。

画像の相互変換のための Java コード

ラスター イメージから PSD への変換

ラスター イメージを PSD に変換するプロセスは、API が特定の PsdOptions を提供することを除いて、イメージの相互変換と同じです。 PSDの設定。プログラマーは、特定のニーズに合わせて簡単に拡張できます。

ラスター イメージから PSD への変換用の Java コード

Corel Draw CDR を画像に変換する

CDR の変換プロセスはほぼ同じです。CDR ファイルを読み込み、関連する画像保存オプションを使用し、Save メソッドを呼び出します。 Image API は、必要なパラメーターを設定するための VectorRasterizationOptions を提供します。これらのラスタライズ オプションには、設定に必要な画像オプションを割り当てることができます。最後に save メソッドを呼び出します。

CDR からイメージへの Java コード

변환을 위해 지원되는 모든 형식

以下に、変換できる画像形式の完全なリストを示します。


変換先としてサポートされているすべての画像形式

以下に、変換可能な画像形式の完全なリストを示します。