HTML JPG PDF XML APNG
Aspose.Imaging  Javaの場合
CANVAS

Javaを介してEMFをCANVASに変換します

画像エディタやサードパーティのライブラリを必要とせずに、ネイティブのJava APIを使用してEMFをCANVASに変換します。

Javaを使用してEMFをCANVASに変換する方法

EMFをCANVASに変換するには、

Aspose.Imaging for Java 機能豊富で強力で使いやすいJava ラットフォーム用の画像操作および変換APIであるAPI。最新バージョンはから直接ダウンロードできます Maven 次の構成をpom.xmlに追加して、Mavenベースのプロジェクトにインストールします。

Repository

<repository>
<id>Aspose Java API</id>
<name>Aspose Java API</name>
<url>https://repository.aspose.com/repo/</url>
</repository>

Dependency

<dependency>
<groupId>com.aspose</groupId>
<artifactId>aspose-imaging</artifactId>
<version>version of aspose-imaging API</version>
<classifier>jdk16</classifier>
</dependency>

Javaを介してEMFをCANVASに変換する手順

開発者は、わずか数行のコードでEMFファイルを簡単にロードしてCANVASに変換できます。

+Image.loadメソッドを使用してEMFファイルをロードします

  • ImageOptionsBaseの必要なサブクラスのインスタンスを作成および設定します(例:BmpOptions、PngOptionsなど) +Image.saveメソッドを呼び出します +CANVAS拡張子とImageOptionsBaseクラスのオブジェクトを含むファイルパスを渡します

システム要求

変換サンプルコードを実行する前に、次の前提条件があることを確認してください。

-JDK1.6以降がインストールされています。

 

EMFをCANVASに変換します-Java

 
  • EMFをCANVASに変換する無料アプリ

    • EMF画像を選択またはドラッグアンドドロップします
    • フォーマットを選択し、[変換]ボタンをクリックします
    • ダウンロードボタンをクリックして、CANVAS画像をダウンロードします

    [EMFをCANVASに変換するライブデモ]を確認してください( https://products.aspose.app/imaging/ja/conversion/emf-to-canvas )

    EMF とは EMF ファイル形式

    拡張メタファイル形式(EMF)は、グラフィック画像をデバイスに依存せずに保存します。 EMFのメタファイルは、任意の出力デバイスで解析した後、保存された画像をレンダリングできる時系列の可変長レコードで構成されます。これらの可変長レコードは、囲まれたオブジェクトの定義、描画用のコマンド、および画像を正確にレンダリングするために重要なグラフィックスプロパティにすることができます。デバイスが独自のグラフィックス環境を使用してEMFメタファイルを開くと、開いているデバイスプラットフォームに関係なく、元の画像の比率、寸法、色、およびその他のグラフィックプロパティは同じままです。

    続きを読む

    CANVAS とは CANVAS ファイル形式

    HTML(ハイパーテキストマークアップ言語)は、ブラウザで表示するために作成されたWebページの拡張機能です。 Webの言語として知られるHTMLは、Webページの一部として表示される新しい情報要件の要件とともに進化してきました。最新のバリアントはHTML5として知られており、言語を操作するための多くの柔軟性を提供します。 HTMLページは、ホストされているサーバーから受信するか、ローカルシステムからロードすることもできます。各HTMLページは、フォーム、テキスト、画像、アニメーション、リンクなどのHTML要素で構成されています。これらの要素は、img、a、pなどのタグで表され、各タグには開始と終了があります。また、JavaScriptやスタイルシート(CSS)などのスクリプト言語で記述されたアプリケーションを埋め込んで、全体的なレイアウトを表現することもできます。

    続きを読む

    その他のサポートされている変換

    Javaを使用すると、を含むさまざまな形式を簡単に変換できます。

    BMP (ビットマップ画像)
    GIF (グラフィカルな交換形式)
    DICOM (デジタルイメージング&コミュニケーション)
    JPG (共同写真専門家グループ)
    JPEG (共同写真専門家グループ)
    JP2 (JPEG 2000)
    J2K (ウェーブレット圧縮画像)
    JPEG2000 (JPEG 2000)
    PNG (ポータブルネットワークグラフィックス)
    APNG (アニメーション化されたポータブルネットワークグラフィックス)
    PSD (Photoshopドキュメント)
    DXF (図面交換フォーマット、または図面交換フォーマット、)
    SVG (スケーラブルベクターグラフィックス)
    TIFF (タグ付き画像形式)
    WEBP (ラスターWebイメージ)
    WMF (MicrosoftWindowsメタファイル)
    PDF (ポータブルドキュメントフォーマット(PDF))
    HTML (HTML5キャンバス)
    EMZ (Windows圧縮拡張メタファイル)
    WMZ (圧縮されたWindowsMediaPlayerスキン)
    TGA (タルガグラフィック)
    SVGZ (スケーラブルベクターグラフィックス(.SVG)ファイルの圧縮バージョン。)
    CANVAS (HTML5キャンバス)
    ICO (Windows アイコン)