HTML JPG PDF XML APNG
Aspose.Imaging  Java 用
SVG

Javaを介してODGをSVGに変換します

画像エディタやサードパーティのライブラリを必要とせずに、ネイティブのJava APIを使用してODGをSVGに変換します。

Javaを使用してODGをSVGに変換する方法

ODGをSVGに変換するには、 Aspose.Imaging for Java 機能豊富で強力で使いやすいJava ラットフォーム用の画像操作および変換APIであるAPI。最新バージョンはから直接ダウンロードできます Maven 次の構成をpom.xmlに追加して、Mavenベースのプロジェクトにインストールします。

Repository

<repository>
<id>Aspose Java API</id>
<name>Aspose Java API</name>
<url>https://repository.aspose.com/repo/</url>
</repository>

Dependency

<dependency>
<groupId>com.aspose</groupId>
<artifactId>aspose-imaging</artifactId>
<version>version of aspose-imaging API</version>
<classifier>jdk16</classifier>
</dependency>

Javaを介してODGをSVGに変換する手順

開発者は、わずか数行のコードでODGファイルを簡単にロードしてSVGに変換できます。

+Image.loadメソッドを使用してODGファイルをロードします

  • ImageOptionsBaseの必要なサブクラスのインスタンスを作成および設定します(例:BmpOptions、PngOptionsなど) +Image.saveメソッドを呼び出します +SVG拡張子とImageOptionsBaseクラスのオブジェクトを含むファイルパスを渡します

システム要求

変換サンプルコードを実行する前に、次の前提条件があることを確認してください。

-JDK1.6以降がインストールされています。

 

ODGをSVGに変換します-Java

 
  • ODGをSVGに変換する無料アプリ

    • ODG画像を選択またはドラッグアンドドロップします
    • フォーマットを選択し、[変換]ボタンをクリックします
    • ダウンロードボタンをクリックして、SVG画像をダウンロードします

    [ODGをSVGに変換するライブデモ]を確認してください( https://products.aspose.app/imaging/ja/conversion/odg-to-svg )

    ODG とは ODG ファイル形式

    ODGファイル形式は、Apache OpenOfficeのDrawアプリケーションで、描画要素をベクターイメージとして保存するために使用されます。これは、Advancement of Structural Information Standards(OASIS)によって概説されているXMLベースのファイル形式の仕様に従います。 ODGは、点、線、曲線を使用して図面をベクトル画像として表します。 OpenOfficeに加えて、LibreOfficeおよびその他のアプリケーションもODGファイル形式での作業をサポートします。たとえば、OpenOfficeでサポートされている他の形式には、ODT、ODF、ODP、ODSなどがあります。

    続きを読む

    SVG とは SVG ファイル形式

    SVGファイルは、画像の外観を記述するためにXMLベースのテキスト形式を使用するScalable VectorGraphicsファイルです。スケーラブルという言葉は、SVGが品質を損なうことなくさまざまなサイズにスケーリングできるという事実を指します。このようなファイルのテキストベースの説明により、解像度に依存しなくなります。これは、スケーラビリティを実現するためにWebサイトや印刷グラフィックを構築するために最もよく使用される形式の1つです。ただし、この形式は2次元グラフィックスにのみ使用できます。 SVGファイルは、Chrome、Internet Explorer、Firefox、Safariを含むほとんどすべての最新のブラウザーで表示/開くことができます。

    続きを読む

    その他のサポートされている変換

    Javaを使用すると、を含むさまざまな形式を簡単に変換できます。

    BMP (ビットマップ画像)
    GIF (グラフィカルな交換形式)
    DICOM (デジタルイメージング&コミュニケーション)
    EMF (強化されたメタファイル形式)
    JPG (共同写真専門家グループ)
    JPEG (共同写真専門家グループ)
    JP2 (JPEG 2000)
    J2K (ウェーブレット圧縮画像)
    JPEG2000 (JPEG 2000)
    PNG (ポータブルネットワークグラフィックス)
    APNG (アニメーション化されたポータブルネットワークグラフィックス)
    PSD (Photoshopドキュメント)
    DXF (図面交換フォーマット、または図面交換フォーマット、)
    SVG (スケーラブルベクターグラフィックス)
    TIFF (タグ付き画像形式)
    WEBP (ラスターWebイメージ)
    WMF (MicrosoftWindowsメタファイル)
    PDF (ポータブルドキュメントフォーマット(PDF))
    HTML (HTML5キャンバス)
    EMZ (Windows圧縮拡張メタファイル)
    WMZ (圧縮されたWindowsMediaPlayerスキン)
    TGA (タルガグラフィック)
    SVGZ (スケーラブルベクターグラフィックス(.SVG)ファイルの圧縮バージョン。)
    CANVAS (HTML5キャンバス)
    ICO (Windows アイコン)