PPTX DOCX XLSX PDF ODP
Aspose.Imaging  .NETの場合
J2K

C#を介してJ2Kにテキスト透かしを追加します

サーバーサイドAPIを使用して、独自の.NETアプリを作成し、J2Kファイルに透かしを入れます。

C#を使用してJ2Kファイルに透かしを入れる方法

J2Kファイルに透かしを入れるために、 Aspose.Imaging for .NET 機能が豊富で強力で使いやすいC#プラットフォーム用の画像操作および変換APIであるAPI。開ける NuGet パッケージマネージャー、検索 ** Aspose.Imaging ** とインストールします。パッケージマネージャーコンソールから次のコマンドを使用することもできます。

パッケージマネージャーコンソールコマンド


PM> Install-Package Aspose.Imaging

C#を介してJ2Kに透かしを追加する手順

あなたは aspose.imaging.dll 自分の環境で次のワークフローを試してください。

+Image.Loadメソッドを使用してJ2Kファイルをロードします +画像からグラフィックのインスタンスを作成します +透かしテキストのフォント、ブラシ、フォーマットを定義する +Graphics.DrawStringメソッドを使用して透かしを描画します +画像をJ2K形式でディスクに保存

システム要求

Aspose.Imaging for .NETは、すべての主要なオペレーティングシステムでサポートされています。次の前提条件があることを確認してください。

-Microsoft Windows、または.NET Framework、.NET Core、Windowsアプリケーション、ASP.NETWebアプリケーションと互換性のあるOS。 -Microsoft VisualStudioのような開発環境。 -プロジェクトで参照されているAspose.Imagingfor.NET。

 

透かしJ2K画像-.NET

 
  • Aspose.Imaging for .NET APIについて

    Aspose.Imaging APIは、アプリケーション内で画像(写真)を作成、変更、描画、または変換するための画像処理ソリューションです。クロスプラットフォームの画像処理(さまざまな画像形式間の変換(均一なマルチページまたはマルチフレームの画像処理を含む)、描画などの変更、グラフィックプリミティブの操作、変換(サイズ変更、トリミング、反転、回転)を含むがこれらに限定されない) 、2値化、グレースケール、調整)、高度な画像操作機能(フィルタリング、ディザリング、マスキング、デスキュー)、およびメモリ最適化戦略。これはスタンドアロンライブラリであり、画像操作をソフトウェアに依存しません。プロジェクト内のネイティブAPIを使用して、高性能の画像変換機能を簡単に追加できます。これらは100%プライベートのオンプレミスAPIであり、画像はサーバーで処理されます。

    オンラインアプリ経由の透かしJ2K

    [Live Demos Webサイト](https://products.aspose.app/imaging/watermark)にアクセスして、J2Kドキュメントに透かしを追加します。 ライブデモには次の利点があります

      何かをダウンロードしたりセットアップしたりする必要はありません
      コードを書く必要はありません
      J2Kファイルをアップロードし、透かしを設定して、[追加]ボタンを押すだけです。
      結果のファイルのダウンロードリンクを即座に取得します

    J2K とは J2K ファイル形式

    J2Kファイルは、DCT圧縮の代わりにウェーブレット圧縮を使用して圧縮された画像です。

    続きを読む

    その他のサポートされている透かし形式

    C#を使用すると、を含むさまざまな形式に簡単に透かしを入れることができます。

    BMP (ビットマップ画像)
    ICO (Windows アイコン)
    DIB (デバイスに依存しないビットマップ)
    DICOM (デジタルイメージング&コミュニケーション)
    EMF (強化されたメタファイル形式)
    GIF (グラフィカルな交換形式)
    JP2 (JPEG 2000)
    PNG (ポータブルネットワークグラフィックス)
    TIFF (タグ付き画像形式)
    WEBP (ラスターWebイメージ)
    WMF (MicrosoftWindowsメタファイル)
    SVG (スケーラブルベクターグラフィックス)