ページ記述言語は、ピクセルの配列よりも高いレベルでページの外観を記述します。 PDL は、グラフィック ツール、テキスト エディタなどのコンピュータ アプリケーションと、出力デバイス (パブリッシング (印刷) システムおよびディスプレイ) との間のバインディング リンクとして機能します。ほとんどの印刷システムは、印刷ページを幅 m ピクセル、高さ n ピクセルの長方形として扱います。もちろん、このような大きなファイルをメモリに保存して編集し、分散ネットワークを介して転送するのは便利ではありません。このソリューションは、PS、EPS、および XPS ページ記述言語をサポートしています。

Aspose.Page for C++ は、XPS、PS、および EPS ファイルのレンダリングと操作のための信頼できるライブラリです。他のソフトウェアを必要とせずに、既存の XPS ファイルと新しい XPS ファイルの作成、変更、および変換を行うことができます。 API を使用すると、ドキュメント ページやキャンバス、パス、グリフなどの要素の操作、ベクター グラフィックス形状の作成と操作、さまざまな色空間での色の指定などの操作が可能になります。さらに、開発者は PS および EPS ドキュメントを PDF に変換したり、さまざまなラスター イメージ形式に変換したりできます。

詳細については、PS、EPS、および XPS API の機能をご覧ください。

XPS ファイルにページを挿入する

Aspose.Page for C++ は操作用の XPS ファイルのロードをサポートしており、そのファイル内に新しいページを簡単に追加できます。 C++ 開発者は、ライブラリを使用して、途中で役立つシナリオを自動化できます。

ドキュメント ページを XPS ファイルに追加する - C++

    //Create an XPS document
    auto xpsDocs = MakeObject<XpsDocument>();

    //Add a glyph to the document
    auto glyphs = xpsDocs->AddGlyphs(u"Arial", 12, FontStyle::Regular, 300f, 450f, u"Hello World!");
    glyphs->set_Fill(xpsDocs->CreateSolidColorBrush(Color::get_Black));

    //Save the result
    xpsDocs->Save(dir + u"output.xps");

このライブラリは、XPS、PS、および EPS ドキュメントを PDF およびラスター イメージ形式 (BMP、JPEG、PNG、TIFF など) に変換する機能を提供します。開発者は、ドキュメントを画像内に保存する際に、品質レベル、解像度、ページ番号を指定できます。
このソリューションは、次のようなさまざまな変換も提供します。

  
  

Aspose.Page は、以下に示す一般的な開発環境向けの個別の API を提供します。