AndroidアプリケーションでJSON形式をMOBIに変換する

Microsoft &reg; </ sup> Wordを使用せずに、Androidアプリケーション内でJSONをMOBIに解析します

 

AndroidアプリケーションでJSONをMOBIに2段階のプロセスで変換できます。まず、強力なスプレッドシート処理API Aspose.Cells for Android via Java を使用して、JSONをPDFに解析できます。 2番目のステップでは、ワードプロセッシングAPI Aspose.Words for Android via Java を使用してPDFをMOBIに変換できます。どちらのAPIも、 Aspose.Total for Android via Java 製品ファミリーに分類されます。

Javaを介してAndroidでJSON形式をMOBIに変換する

1.新しい Workbook オブジェクトを作成し、ファイルから有効なJSONデータを読み取ります 2. JsonUtility クラスと Save を使用して、JSONファイルをワークシートにインポートします。 cells / java / com.aspose.cells / workbook#save(java.lang.String、%20com.aspose.cells.SaveOptions))PDFとして 3. Document クラスを使用してPDFドキュメントをロードします 4. Save ) 方法

変換要件

Maven から直接Java経由でAspose.TotalforAndroidを簡単に使用できます。アプリにライブラリをインストールします。

または、 ダウンロード からZIPファイルを取得することもできます。

Javaを介してAndroidでレイアウトを設定してJSON形式をMOBIに変換する

さらに、APIを使用すると、 JsonLayoutOptions を使用してJSONをMOBIに解析しながら、JSON形式のレイアウトオプションを設定できます。これにより、配列をテーブルとして処理し、nullを無視し、配列のタイトルを無視し、オブジェクトのタイトルを無視し、文字列を数値または日付に変換し、日付と数値の形式を設定し、タイトルスタイルを設定できます。これらのオプションはすべて、必要に応じてデータを表示できます。次のコードスニペットは、レイアウトオプションを設定する方法を示しています。

Java経由でAndroidの透かしを使用してJSON形式をMOBIに変換する

APIを使用して、JSONを透かし付きのMOBIに変換することもできます。 MOBIドキュメントに透かしを追加するには、最初にJSONファイルをPDFに解析し、それに透かしを追加します。透かしを追加するには、 Document クラスを使用して新しく作成したPDFファイルをロードし、TextWatermarkOptionsのインスタンスを作成して設定します。そのプロパティ、Watermark.setTextメソッドを呼び出し、TextWatermarkOptionsの透かしテキストとオブジェクトを渡します。透かしを追加した後、ドキュメントをMOBIに保存できます。