Java経由でAndroid上のRTFにXPSをレンダリングする

ソフトウェアをインストールせずにモバイルアプリでXPSをRTFに変換する

 

Aspose.Total for Android Java パッケージの2つのAPIを使用して、モバイルアプリにXPSからRTFへの変換機能を統合できます。まず、 Aspose.PDF for Android via Java を使用してXPSファイルをDOCに変換する必要があります。次に、ワードプロセッシングAPI Aspose.Words for Android via Java を使用して、DOCをRTFにレンダリングできます。

Javaを介してAndroidでXPSをRTFに変換する

  1. ドキュメント クラスを使用してXPSファイルを開きます
  2. save 方法
  3. Aspose.Wordsの Document クラスを使用してDOCファイルをロードします。
  4. save メソッドを使用してドキュメントをRTF形式で保存し、RTFを設定しますSaveFormatとして

変換要件

Maven から直接Java経由でAspose.TotalforAndroidを簡単に使用できます。 Aspose.PDF for Android via Java および Aspose.Words for Android via Java をインストールします。アプリケーションの/java/ install-aspose-words-for-android-via-java /#install-asposewords-for-android-via-java-from-maven-repository)。

または、 ダウンロード からZIPファイルを取得することもできます。

// load XPS file with an instance of Document class
Document document = new Document("template.xps");
// save XPS as a DOC 
document.save("DocOutput.doc", SaveFormat.DOC); 
// load DOC with an instance of Document
Document outputDocument = new com.aspose.words.Document("DocOutput.doc");
// call save method while passing SaveFormat.RTF
outputDocument.save("output.rtf", SaveFormat.RTF);   

Javaを介してAndroidでXPSファイル情報を取得する

XPSをRTFに変換する前に、作成者、作成日、キーワード、変更日、件名、タイトルなど、ドキュメントに関する情報が必要になる場合があります。この情報は、変換プロセスの意思決定に役立ちます。強力な Aspose.PDFforAndroid via Java APIを使用すると、すべてを取得できます。 XPSファイルに関するファイル固有の情報を取得するには、最初に[getInfo](https://を使用して DocumentInfo オブジェクトを取得します。 reference.aspose.com/pdf/java/com.aspose.pdf/Document#getInfo–)メソッド。 DocumentInfoオブジェクトが取得されると、個々のプロパティの値を取得できます。

// load XPS document
Document doc = new Document("template.xps");
// get document information
DocumentInfo docInfo = doc.getInfo();
// show document information
System.out.println("Author: " + docInfo.getAuthor());
System.out.println("Creation Date: " + docInfo.getCreationDate());
System.out.println("Keywords: " + docInfo.getKeywords());
System.out.println("Modify Date: " + docInfo.getModDate());
System.out.println("Subject: " + docInfo.getSubject());
System.out.println("Title: " + docInfo.getTitle());

Javaを介してAndroidのRTFドキュメントに文末脚注を挿入する

ドキュメントの変換とは別に、 Aspose.Words for Android via Java APIを使用して、Androidアプリケーション内に他の多くの機能を追加することもできます。その機能の1つは、RTFドキュメントに文末脚注と番号を挿入することです。 RTFドキュメントに脚注または文末脚注を挿入する場合は、DocumentBuilder.InsertFootnoteメソッドを使用してください。このメソッドは、脚注または文末脚注をドキュメントに挿入します。 EndnoteOptionsクラスとFootnoteOptionsクラスは、脚注と文末脚注の番号付けオプションを表します。

// load document
Document doc = new Document("input.DOC");
// initialize document builder
DocumentBuilder builder = new DocumentBuilder(doc);
// add text in it
builder.write("Some text");
// insert footnote
builder.insertFootnote(FootnoteType.ENDNOTE, "Endnote text.");
// initialize endnote options
EndnoteOptions option = doc.getEndnoteOptions();
// set restart rule
option.setRestartRule(FootnoteNumberingRule.RESTART_PAGE);
// set position
option.setPosition(EndnotePosition.END_OF_SECTION);
// save the document to disk.
doc.save("output.rtf", SaveFormat.RTF);  

XPS の変換オプションを Android で探索

XPS を ODP に変換 (OpenDocument プレゼンテーション形式)
XPS を OTP に変換 (OpenDocument標準フォーマット)
XPS を POTM に変換 (Microsoft PowerPoint テンプレート ファイル)
XPS を POTX に変換 (Microsoft PowerPoint テンプレートのプレゼンテーション)
XPS を POT に変換 (Microsoft PowerPoint テンプレート ファイル)
XPS を POWERPOINT に変換 (プレゼンテーションファイル)
XPS を PPSM に変換 (マクロを有効にしたスライド ショー)
XPS を PPSX に変換 (PowerPoint スライド ショー)
XPS を PPS に変換 (PowerPoint スライド ショー)
XPS を PPTM に変換 (マクロが有効なプレゼンテーション ファイル)
XPS を PPT に変換 (パワーポイントによるプレゼンテーション)
XPS を SWF に変換 (ショックウェーブフラッシュムービー)
XPS を XAML に変換 (XAMLファイル)
XPS を CSV に変換 (カンマ区切りの値)
XPS を DIF に変換 (データ交換フォーマット)
XPS を CSV に変換 (カンマ区切りの値)
XPS を FODS に変換 (OpenDocument フラット XML スプレッドシート)
XPS を MD に変換 (マークダウン言語)
XPS を ODS に変換 (OpenDocument スプレッドシート)
XPS を SXC に変換 (StarOffice Calc スプレッドシート)
XPS を TSV に変換 (タブ区切りの値)
XPS を TXT に変換 (テキストドキュメント)
XPS を XLAM に変換 (Excel マクロ有効アドイン)
XPS を XLSB に変換 (Excel バイナリ ワークブック)
XPS を XLSM に変換 (マクロが有効なスプレッドシート)
XPS を XLTM に変換 (Excel マクロ有効テンプレート)
XPS を XLTX に変換 (Excel テンプレート)
XPS を XLT に変換 (Excel 97 - 2003 テンプレート)
XPS を DOCM に変換 (Microsoft Word 2007 マルコ ファイル)
XPS を DOTM に変換 (Microsoft Word 2007+ テンプレート ファイル)
XPS を DOTX に変換 (Microsoft Wordテンプレートファイル)
XPS を DOT に変換 (Microsoft Wordテンプレートファイル)
XPS を FLATOPC に変換 (Microsoft Word 2003 ワードプロセッサML)
XPS を GIF に変換 (グラフィカル交換フォーマット)
XPS を MARKDOWN に変換 (軽量マークアップ言語)
XPS を ODT に変換 (OpenDocument テキスト ファイル形式)
XPS を OTT に変換 (OpenDocument テンプレート)
XPS を PCL に変換 (プリンターコマンド言語)
XPS を PS に変換 (ポストスクリプトファイル)

XPS ファイル形式とは

XPS は XML Paper Supplement の略で、固定レイアウトのドキュメントを表すために Microsoft によって作成されたファイル形式です。 XPS ファイルにはドキュメントのコンテンツと印刷設定が含まれているため、さまざまなデバイスやプラットフォーム間でドキュメントのレイアウトと外観を保持するのに適しています。

XPS 形式は、XML (eXtensible Markup Language) に基づいています。構造化データ表現に広く使用されているマークアップ言語。 XPS ファイルは、テキスト、画像、ベクター グラフィックス、注釈などのドキュメント コンテンツを構造化 XML 形式でカプセル化します。これにより、ドキュメントの視覚要素の解釈とレンダリングが容易になります。

XPS ファイルは、形式を維持しながらドキュメントを表示および共有するための信頼できる方法を提供することを目的としているという点で、概念的には PDF (Portable Document Format) ファイルに似ています。そしてレイアウト。ただし、PDF ファイルは、さまざまなソフトウェア アプリケーションやハードウェア デバイス間でより広範にサポートされるようになり、より広く受け入れられ、互換性を持つようになりました。

XPS ファイルを表示および操作するために、Microsoft は Windows オペレーティング システムの一部として XPS ビューアを提供しています。 。さまざまなサードパーティのアプリケーションやツールも、XPS ファイルを開いたり、作成したり、変換したりするためのサポートを提供しています。ただし、PDF と比較すると、XPS 形式をサポートするソフトウェアとハードウェアの範囲が限定される可能性があります。

RTF ファイル形式とは

RTF (リッチ テキスト フォーマット) ファイル形式は、書式付きのテキスト ドキュメントを保存するための多用途で広くサポートされているファイル形式です。これは、異なるワープロ アプリケーション間で簡単に交換できるクロスプラットフォーム形式として 1980 年代後半に Microsoft によって開発されました。

RTF ファイルは通常、.rtf ファイル拡張子で保存され、次の方法で開いて編集できます。 Microsoft Word、Google Docs、LibreOfficeなどのさまざまなテキストエディタおよびワードプロセッサソフトウェア。この形式では、フォント スタイル、サイズ、色、段落、表、画像などのさまざまな書式設定要素を含めることができます。

RTF の主な利点の 1 つは、プラットフォームに依存しないことです。あるオペレーティング システムで作成されたファイルは、フォーマットを失うことなく別のオペレーティング システムで開いて正しくレンダリングできます。このため、ドキュメントの交換や共同作業に適しています。

RTF ファイルはプレーン テキストの書式設定構文を使用します。つまり、ファイルは人間が判読可能で、必要に応じてテキスト エディタで変更できます。ただし、RTF ファイルは書式設定情報を明示的に保存するため、プレーン テキストやマークダウンなどの他の形式に比べてサイズが非常に大きくなることがあります。

RTF は主にテキスト ドキュメントに使用されますが、他の形式の埋め込みもサポートできます。ドキュメント内の画像やオブジェクトなどのファイルの種類。これにより、より複雑で視覚的に魅力的なドキュメントの作成が可能になります。