TEXをDOTにエクスポートするためのC++API

サードパーティのアプリケーションを必要とせずに、C++アプリケーション内でTEXをDOTにレンダリングする

 

Aspose.Total for C++ ファイル形式の自動化ライブラリを使用すると、C++開発者は2つの簡単な手順でTEXをDOTに変換できます。まず、 Aspose.PDF for C++ APIを使用して、TEXファイル形式をDOCに変換できます。次に、高度なWordドキュメント処理API Aspose.Words for C++ を使用して、DOCをDOTにエクスポートできます。

TEXをDOTにレンダリングするC++API

  1. ドキュメント クラスリファレンスを使用してTEXファイルを開きます
  2. Save メンバー関数を使用してTEXをDOCに変換します
  3. Aspose.Words APIの ドキュメント クラスリファレンスを使用してDOCファイルをロードします
  4. Save メンバー関数を使用してドキュメントをDOT形式で保存します

変換要件

コマンドラインからnuget install Aspose.Total.Cppとしてインストールするか、VisualStudioのパッケージマネージャーコンソールからInstall-PackageAspose.Total.Cppを使用してインストールします。

または、 ダウンロード からオフラインMSIインストーラーまたはDLLをZIPファイルで取得します。

// load TEX file with an instance of Document class reference
auto doc = MakeObject<Document>(u"sourceFile.tex");
// save TEX as a DOC 
doc->Save(u"DocOutput.doc", SaveFormat::Doc); 
// load DOC with an instance of Document
System::SharedPtr<Document> wordDoc = System::MakeObject<Document>(u"DocOutput.doc");
// save document as Dot
wordDoc->Save(u"output.Dot");  

C++を介してTEXドキュメントのパスワードを変更する

TEXをDOTにレンダリングする過程で、パスワードで保護されたTEXを開き、そのパスワードを変更することもできます。 TEXファイルのパスワードを変更するには、そのドキュメントの所有者パスワードを知っている必要があります。 Aspose.PDF for C++ でパスワードで保護されたPDFドキュメントをロードするには、所有者のパスワードを指定し、ChangePasswordsメソッドを使用してパスワードを変更します。

// load an existing TEX Document
auto doc = MakeObject<Document>(L"input.tex", L"owner");
// change password of TEX Document
doc->ChangePasswords(L"owner", L"newuser", L"newuser");
// save the document
doc->Save(L"output.Doc");

C++を介したDOTファイル編集の制限

Aspose.Words for C++ APIを使用して、DOTファイルの編集を制限することもできます。ドキュメントを編集する機能を制限し、特定のアクションのみを許可する必要がある場合があります。 APIを使用すると、 ProtectionType 列挙パラメーターを使用してコンテンツを制限する方法を制御できます。次のコード例は、フォームフィールドでの編集のみが可能になるように、ドキュメントでの編集を制限する方法を示しています。

// load Doc with an instance of Document
auto doc = System::MakeObject<Document>("input.doc");
// document protection only works when document protection is turned and only editing in form fields is allowed.
doc->Protect(ProtectionType::AllowOnlyFormFields, u"password");
// save the protected document.
doc->Save(u"Protected.Dot");