Java経由でJSON形式をFLATOPCに変換する

Microsoft®Wordを使用せずにJSONをFLATOPCに解析するオンプレミスのJavaAPI

 

Aspose.Total for Java を使用すると、JavaアプリケーションでJSONをFLATOPCに2段階のプロセスで変換できます。まず、 Aspose.Cells for Java を使用して、JSONをPDFに解析できます。 2番目のステップでは、ワードプロセッシングAPI Aspose.Words for Java を使用してPDFをFLATOPCに変換できます。

Java経由でJSON形式をFLATOPCに変換する

  1. しい Workbook オブジェクトを作成し、ファイルから有効なJSONデータを読み取ります
  2. JsonUtility クラスと Save を使用して、JSONファイルをワークシートにインポートします。 cells / java / com.aspose.cells / workbook#save(java.lang.String、%20com.aspose.cells.SaveOptions))PDF形式で表示
  3. Document クラスを使用してPDFドキュメントをロードします
  4. Save ) 方法

変換要件

Maven ベースのプロジェクトから直接Aspose.Total for Javaを簡単に使用できますそして、pom.xmlにライブラリを含めます。

または、 ダウンロード からZIPファイルを取得することもできます。

変換要件

さらに、APIを使用すると、 JsonLayoutOptions を使用してJSONをFLATOPCに解析しながら、JSONのレイアウトオプションを設定できます。これにより、配列をテーブルとして処理し、nullを無視し、配列のタイトルを無視し、オブジェクトのタイトルを無視し、文字列を数値または日付に変換し、日付と数値の形式を設定し、タイトルのスタイルを設定できます。これらのオプションはすべて、必要に応じてデータを表示できます。次のコードスニペットは、レイアウトオプションを設定する方法を示しています。

レイアウトを設定し、Javaを介してJSON形式をFLATOPCに変換する

APIを使用して、透かしを使用してJSONからFLATOPCに解析することもできます。 FLATOPCドキュメントに透かしを追加するには、最初にJSONファイルをPDFに変換し、それに透かしを追加します。透かしを追加するには、 Document クラスを使用して新しく作成したPDFファイルをロードし、TextWatermarkOptionsのインスタンスを作成して設定します。そのプロパティ、Watermark.setTextメソッドを呼び出し、TextWatermarkOptionsの透かしテキストとオブジェクトを渡します。透かしを追加した後、ドキュメントをFLATOPCに保存できます。

JSON の変換オプションを Java で探索

JSON を ODP に変換 (OpenDocument プレゼンテーション形式)
JSON を OTP に変換 (OpenDocument標準フォーマット)
JSON を POTM に変換 (Microsoft PowerPoint テンプレート ファイル)
JSON を POTX に変換 (Microsoft PowerPoint テンプレートのプレゼンテーション)
JSON を POT に変換 (Microsoft PowerPoint テンプレート ファイル)
JSON を POWERPOINT に変換 (プレゼンテーションファイル)
JSON を PPSM に変換 (マクロを有効にしたスライド ショー)
JSON を PPSX に変換 (PowerPoint スライド ショー)
JSON を PPS に変換 (PowerPoint スライド ショー)
JSON を PPTM に変換 (マクロが有効なプレゼンテーション ファイル)
JSON を PPT に変換 (パワーポイントによるプレゼンテーション)
JSON を APNG に変換 (アニメーション化されたポータブル ネットワーク グラフィックス)
JSON を CHM に変換 (コンパイルされた HTML ヘルプ ファイル)
JSON を DICOM に変換 (医療におけるデジタル イメージングと通信)
JSON を DOCM に変換 (Microsoft Word 2007 マルコ ファイル)
JSON を DOC に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
JSON を DOTX に変換 (Microsoft Wordテンプレートファイル)
JSON を DOT に変換 (Microsoft Wordテンプレートファイル)
JSON を DXF に変換 (Autodesk 図面交換フォーマット)
JSON を EMZ に変換 (Windows 圧縮拡張メタファイル)
JSON を EPUB に変換 (電子書籍ファイルを開く)
JSON を JPEG2000 に変換 (J2K画像フォーマット)
JSON を JPEG2000 に変換 (J2K画像フォーマット)
JSON を MOBI に変換 (オープン電子ブック形式)
JSON を ODT に変換 (OpenDocument テキスト ファイル形式)
JSON を OTT に変換 (OpenDocument テンプレート)
JSON を PCL に変換 (プリンターコマンド言語)
JSON を PSD に変換 (Photoshop ドキュメント)
JSON を PS に変換 (ポストスクリプトファイル)
JSON を RTF に変換 (リッチテキスト形式)
JSON を SVGZ に変換 (圧縮されたスケーラブルなベクター グラフィックス)
JSON を TGA に変換 (Truevision グラフィックス アダプター)
JSON を WMF に変換 (Windows メタファイル)
JSON を WMZ に変換 (圧縮された Windows メタファイル)
JSON を WORDML に変換 (Microsoft Word 2003 ワードプロセッサML)
JSON を WORD に変換 (ワープロのファイル形式)

JSON ファイル形式とは

JSON (JavaScript Object Notation) ファイル形式は、軽量で広く使用されているデータ交換形式です。これは JavaScript プログラミング言語から派生したものですが、現在は言語に依存せず、さまざまなプログラミング言語でサポートされています。 JSON ファイルには、構造化された読み取り可能な形式でデータが保存されるため、人間とマシンの両方が理解し、処理しやすくなります。

JSON ファイルは、階層構造で編成されたキーと値のペアで構成されます。これらは、オブジェクト (中括弧 {} で囲まれた) と配列 (角括弧 [] で囲まれた) を使用して、シンプルかつ直感的な方法でデータを表します。各キーは、文字列、数値、ブール値、null、オブジェクト、配列などの対応する値とペアになります。この柔軟性により、JSON は複雑でネストされたデータ構造を処理できます。

JSON の主な利点の 1 つは、そのシンプルさと使いやすさです。その軽量な性質と最小限の構文により、ネットワーク上のデータ送信やファイルへの保存が効率的になります。 JSON ファイルは、ウェブサーバーとクライアント間のデータ交換、構成ファイル、API、構造化データの保存によく使用されます。

JSON ファイルは人間が判読できるため、テキストを使用して簡単に理解および変更できます。編集者。また、機械可読であるため、アプリケーションは JSON データを効率的に解析して処理できます。多くのプログラミング言語は、JSON を操作するための組み込みライブラリまたはパッケージを提供しており、JSON データの解析とシリアル化を簡素化します。

FLATOPC ファイル形式とは

FLATOPC 形式は、Microsoft Word 2003 以降のバージョンで特に使用される XML ベースのファイル形式です。これは WordprocessingML 形式の圧縮バリアントとして機能し、ストレージと送信の効率を向上させることを目的としています。圧縮技術を利用することで、FLATOPC ファイルは、ドキュメントの重要なコンテンツを維持しながら、占有するスペースが少なくなるように設計されています。

FLATOPC 形式は、Microsoft Word だけでなく、他の関連ソフトウェアでも使用できます。たとえば、Word 文書の表示専用プログラムである Microsoft Office Word Viewer は FLATOPC 形式をサポートしています。さらに、Microsoft Word のオンライン バージョンである Web 用 Microsoft Office Word も、ドキュメントの保存と処理に FLATOPC 形式を採用しています。

FLATOPC 形式の XML ベースの性質により、ドキュメントのコンテンツの構造化された表現が可能になります。フォーマットおよびその他の関連情報。 Word 文書の簡単な解析と操作を可能にする、標準化された機械可読形式を提供します。