Java経由でMOBIをDIFに変換する

オンプレミスのJavaAPIを使用して、Microsoft®WordまたはMicrosoft® Excelを使用せずにMOBIをDIFに変換する

 

Aspose.Total for Java を介してMOBIをDIFに変換するのは、単純な2ステップのプロセスです。機能豊富なドキュメント操作および変換API Aspose.Wordsfor Java を使用することにより、MOBIをHTMLにエクスポートできます。その後、 Aspose.Cells for Java を使用して、HTMLをDIFに変換できます。

MOBIをDIFに変換するC++API

  1. Document クラスを使用してMOBIファイルを開きます
  2. Save 方法
  3. Workbook クラスを使用してHTMLドキュメントをロードします
  4. Save を使用して、ドキュメントをDIF形式で保存します。 SaveOptions))メソッド

変換要件

Maven ベースのプロジェクトから直接Aspose.TotalforJavaを簡単に使用できます Aspose.Words for JavaAspose.Cells for Java を含めますあなたのpom.xmlの。

または、 ダウンロード からZIPファイルを取得することもできます。

変換要件

MOBIをDIFに変換する前に、 Aspose.Words for Java を介してMOBIドキュメントから未使用の情報を削除できます。出力ドキュメントのサイズと処理時間を短縮するために、未使用または重複する情報を削除する必要がある場合があります。 CleanupOptions クラスを使用すると、ドキュメントのクリーニングのオプションを指定できます。ドキュメントから重複するスタイルや未使用のスタイルやリストを削除するには、 Cleanup メソッドを使用できます。 UnusedStylesUnusedBuiltinStyles を使用できます/com.aspose.words/cleanupoptions#UnusedBuiltinStyles)「未使用」とマークされたスタイルを検出して削除するためのプロパティ。

Javaを介してMOBIドキュメントから未使用の情報を削除する

MOBIをDIFに変換した後、 Aspose.Cells for Java を使用すると、ドキュメントをストリームに保存できます。ファイルをストリームに保存する必要がある場合は、FileOutputStreamオブジェクトを作成してから、 Save Workbook のsaveメソッドを呼び出して、そのStreamオブジェクトへのファイル物体。