Javaを介してTEXをDXFに変換する

Adobe &reg; </ sup> Acrobat Readerを使用せずに、Java J2SE、J2EE、J2MEアプリケーション内の任意の場所でTEXファイルをDXFにエクスポートします。

 

2つの簡単なステップでtexファイルをJavaでDXF画像に変換できます。まず、 Aspose.PDF for Java を使用すると、TEXをJPEGにエクスポートできます。その後、 Aspose.Imaging for Java Image Processing APIを使用して、JPEGをDXFにレンダリングできます。どちらのAPIも、 Aspose.Total for Java パッケージに含まれています。

Java経由でTEXをDXFにエクスポート

  1. ドキュメント クラスを使用してTEXファイルを開きます
  2. JpegDeviceクラスオブジェクトを初期化し、 Process を使用してTEXをJPEGにレンダリングします。 aspose.pdf.Page-java.io.OutputStream-)メソッド
  3. Image クラスを使用してJPEGファイルをロードします
  4. save 方法

変換要件

Maven ベースのプロジェクトから直接Aspose.TotalforJavaを簡単に使用できますそして、pom.xmlにライブラリを含めます。

または、 ダウンロード からZIPファイルを取得することもできます。

Javaを介して単一ファイルでTEXをDXFに変換する

APIを使用すると、TEXファイルをDXFの単一ファイルにエクスポートすることもできます。すべてのページを変換するには、最初にTEXドキュメントを1つのTIFFファイルにレンダリングし、その後、TIFFファイルをDXFにエクスポートできます。 Document クラスを使用して入力ファイルを開き、Resolution、TiffSettings、およびTIFFデバイスオブジェクトを作成できます。 process TiffDevice クラスのメソッド。最後に、 Image クラスを使用してTIFFファイルをロードし、[save](https:// apireference.aspose.com/imaging/java/com.aspose.imaging/Image#save-java.lang.String-com.aspose.imaging.ImageOptionsBase-)メソッド。

/com.aspose.imaging

Javaを介して透かし付きのTEXをDXFに変換する

APIを使用して、DXFドキュメントに透かしを入れたTEXファイルをDXFにエクスポートすることもできます。透かしを追加するには、最初にTEXをJPEGに変換し、透かしを追加します。透かしを追加するには、 Image クラスを使用して画像ファイルを読み込み、[Graphics](https ://apireference.aspose.com/imaging/java/com.aspose.imaging/Graphics)クラスをImageオブジェクトで初期化し、新しい[Matrix]( https://reference.aspose.com/imaging/java/ com.aspose.imaging / Matrix)オブジェクトを作成し、変換と変換を目的の角度に設定し、 Graphics.drawString メソッド。画像に透かしを追加した後、JPEGをDXF形式で保存できます。

Javaを介してTEXをDXFファイルに変換および回転

APIを使用すると、必要に応じて出力DXF画像を回転させることもできます。 Image.rotateFlipメソッドを使用すると、画像を90/180/270度回転し、画像を水平または垂直に反転できます。ライブラリは、すべての醜い詳細をカプセル化しながら、複雑な操作を実行するための簡単なメソッドを提供します。画像に適用する回転と反転のタイプを指定できます。画像を回転および反転するには、 Image クラスを使用して変換されたJPEG画像をロードし、Imageを呼び出すことができます。適切な RotateFlipType を指定しながらrotateFlipメソッド。