Java経由でXPSをODSにエクスポート

Java J2SE、J2EE、J2MEアプリケーション内のオンプレミスJava APIを使用して、XPSファイルをODSに変換します

 

Aspose.Total for Java を使用すると、JavaアプリケーションでXPSからODSへの変換機能を2段階のプロセスで統合できます。まず、 Aspose.PDF for Java を使用して、XPSをXLSXにレンダリングできます。 2番目のステップでは、Spreadsheet Programming API Aspose.Cells for Java を使用してXLSXをODSに変換できます。

Java経由でXPSファイルをODSに変換する

  1. Document クラスを使用してXPSファイルを開きます
  2. save 方法
  3. Workbook クラスを使用してXLSXドキュメントをロードします
  4. save を使用して、ドキュメントをODS形式で保存します。 SaveOptions))メソッド

変換要件

Maven ベースのプロジェクトから直接Aspose.TotalforJavaを簡単に使用できます Aspose.PDF for JavaAspose.Cells for Java あなたのpom.xmlの。

変換要件

XPSドキュメントがパスワードで保護されている場合、パスワードなしでODSに変換することはできません。 APIを使用すると、最初に有効なパスワードを使用して保護されたドキュメントを開き、その後変換することができます。暗号化されたファイルを開くために、の新しいインスタンスを初期化できます Document クラスを作成し、ファイル名とパスワードを引数として渡します。

保護されたXPSをJava経由でODSに変換する

XPSファイルをODSに変換するときに、出力ODSファイル形式に透かしを追加することもできます。透かしを追加するには、新しいワークブックを作成して、変換されたXLSXファイルを開きます。インデックスからワークシートを選択し、図形を作成してそのaddTextEffect関数を使用し、色や透明度などを設定します。その後、透かしを使用してXLSXドキュメントをODSとして保存できます。