XPSをCSVにレンダリングするC#API

Microsoft®ExcelまたはAdobe® Acrobat Readerを使用せずにC#経由でXPSファイルをCSVにエクスポートする

 

Aspose.Total for .NET を使用すると、.NET、C#、ASP.NET、およびVB.NETアプリケーション内でXPSファイルをCSVに簡単に変換できます。まず、 Aspose.PDF for .NET を使用して、XPSをXLSXにエクスポートできます。その後、 Aspose.Cells for .NET Spreadsheet Programming APIを使用して、XLSXをCSVに変換できます。

XPSをCSVに変換する.NETAPI

  1. Document クラスを使用してXPSファイルを開きます
  2. Save メソッドを使用してXPSをXLSXに変換します
  3. Workbook クラスを使用してXLSXドキュメントをロードします
  4. Save メソッドを使用してドキュメントをCSV形式で保存し、「Csv」をSaveFormatとして設定します

変換要件

コマンドラインからnuget install Aspose.Totalとしてインストールするか、VisualStudioのパッケージマネージャーコンソールからInstall-PackageAspose.Totalを使用してインストールします。

または、 ダウンロード からオフラインMSIインストーラーまたはDLLをZIPファイルで取得します。

保護されたXPSをC#経由でCSVに変換する

XPSドキュメントがパスワードで保護されている場合、パスワードなしでCSVに変換することはできません。 APIを使用すると、最初に有効なパスワードを使用して保護されたドキュメントを開き、その後変換することができます。暗号化されたファイルを開くには、 Document クラスの新しいインスタンスを初期化し、ファイル名とパスワードを引数として渡すことができます。

C#を介して透かし付きのXPSファイルをCSVに変換する

XPSファイルをCSVに変換するときに、出力CSVファイル形式に透かしを追加することもできます。透かしを追加するには、新しいワークブックオブジェクトを作成し、変換されたXLSXドキュメントを開き、インデックスからワークシートを選択し、シェイプを作成して、AddTextEffect関数を使用します。その後、透かしを使用してXLSXドキュメントをCSVとして保存できます。

XPS の変換オプションを .NET で探索

XPS を APNG に変換 (アニメーション化されたポータブル ネットワーク グラフィックス)
XPS を DICOM に変換 (医療におけるデジタル イメージングと通信)
XPS を DIF に変換 (データ交換フォーマット)
XPS を DXF に変換 (Autodesk 図面交換フォーマット)
XPS を EMZ に変換 (Windows 圧縮拡張メタファイル)
XPS を EXCEL に変換 (スプレッドシートのファイル形式)
XPS を FODS に変換 (OpenDocument フラット XML スプレッドシート)
XPS を JPEG2000 に変換 (J2K画像フォーマット)
XPS を JPEG2000 に変換 (J2K画像フォーマット)
XPS を MD に変換 (マークダウン言語)
XPS を ODP に変換 (OpenDocument プレゼンテーション形式)
XPS を ODS に変換 (OpenDocument スプレッドシート)
XPS を OTP に変換 (OpenDocument標準フォーマット)
XPS を POTM に変換 (Microsoft PowerPoint テンプレート ファイル)
XPS を POTX に変換 (Microsoft PowerPoint テンプレートのプレゼンテーション)
XPS を POT に変換 (Microsoft PowerPoint テンプレート ファイル)
XPS を POWERPOINT に変換 (プレゼンテーションファイル)
XPS を PPSM に変換 (マクロを有効にしたスライド ショー)
XPS を PPSX に変換 (PowerPoint スライド ショー)
XPS を PPS に変換 (PowerPoint スライド ショー)
XPS を PPTM に変換 (マクロが有効なプレゼンテーション ファイル)
XPS を PPT に変換 (パワーポイントによるプレゼンテーション)
XPS を PSD に変換 (Photoshop ドキュメント)
XPS を SVGZ に変換 (圧縮されたスケーラブルなベクター グラフィックス)
XPS を SWF に変換 (ショックウェーブフラッシュムービー)
XPS を SXC に変換 (StarOffice Calc スプレッドシート)
XPS を TGA に変換 (Truevision グラフィックス アダプター)
XPS を TSV に変換 (タブ区切りの値)
XPS を TXT に変換 (テキストドキュメント)
XPS を WMF に変換 (Windows メタファイル)
XPS を WMZ に変換 (圧縮された Windows メタファイル)
XPS を XAML に変換 (XAMLファイル)
XPS を XLAM に変換 (Excel マクロ有効アドイン)
XPS を XLSB に変換 (Excel バイナリ ワークブック)
XPS を XLSM に変換 (マクロが有効なスプレッドシート)
XPS を XLTM に変換 (Excel マクロ有効テンプレート)
XPS を XLTX に変換 (Excel テンプレート)
XPS を XLT に変換 (Excel 97 - 2003 テンプレート)
XPS を DOCM に変換 (Microsoft Word 2007 マルコ ファイル)
XPS を DOTM に変換 (Microsoft Word 2007+ テンプレート ファイル)

XPS ファイル形式とは

XPS は XML Paper Supplement の略で、固定レイアウトのドキュメントを表すために Microsoft によって作成されたファイル形式です。 XPS ファイルにはドキュメントのコンテンツと印刷設定が含まれているため、さまざまなデバイスやプラットフォーム間でドキュメントのレイアウトと外観を保持するのに適しています。

XPS 形式は、XML (eXtensible Markup Language) に基づいています。構造化データ表現に広く使用されているマークアップ言語。 XPS ファイルは、テキスト、画像、ベクター グラフィックス、注釈などのドキュメント コンテンツを構造化 XML 形式でカプセル化します。これにより、ドキュメントの視覚要素の解釈とレンダリングが容易になります。

XPS ファイルは、形式を維持しながらドキュメントを表示および共有するための信頼できる方法を提供することを目的としているという点で、概念的には PDF (Portable Document Format) ファイルに似ています。そしてレイアウト。ただし、PDF ファイルは、さまざまなソフトウェア アプリケーションやハードウェア デバイス間でより広範にサポートされるようになり、より広く受け入れられ、互換性を持つようになりました。

XPS ファイルを表示および操作するために、Microsoft は Windows オペレーティング システムの一部として XPS ビューアを提供しています。 。さまざまなサードパーティのアプリケーションやツールも、XPS ファイルを開いたり、作成したり、変換したりするためのサポートを提供しています。ただし、PDF と比較すると、XPS 形式をサポートするソフトウェアとハードウェアの範囲が限定される可能性があります。

CSV ファイル形式とは

CSV (カンマ区切り) ファイルは、スプレッドシートやデータベースに似た表形式のデータを保存するためによく使用される形式です。これはカンマで区切られたデータで構成され、各行がレコードを表します。 CSV ファイルは、Microsoft Notepad や Apple TextEdit などのテキスト エディタだけでなく、Microsoft Excel や Apple Numbers などのスプレッドシート プログラムでも開くことができます。

テキスト エディタで開くと、CSV データは表形式で表示されます。列はカンマで区切られ、各行は改行で区切られます。最初の行はヘッダー行と呼ばれ、列名が含まれています。

CSV ファイルを使用すると、異なるアプリケーション間で簡単にデータを交換できます。 Excel や Numbers などのスプレッドシート プログラムからデータをエクスポートし、CSV 形式で保存できます。同様に、CSV ファイルをこれらのプログラムにインポートすると、あるシステムから別のシステムにデータを転送できます。

CSV ファイルは、そのシンプルで汎用的な構造により、柔軟性と互換性を提供します。これらは、データ移行、プラットフォーム間での情報共有、さまざまなソースからのデータの統合に広く使用されています。 CSV ファイルの単純な性質により、人間とコンピューター システムの両方がデータ操作、分析、処理にアクセスできます。