XPSをEXCELにレンダリングするC#API

Microsoft®ExcelまたはAdobe® Acrobat Readerを使用せずにC#経由でXPSファイルをEXCELにエクスポートする

 

Aspose.Total for .NET を使用すると、.NET、C#、ASP.NET、およびVB.NETアプリケーション内でXPSファイルをEXCELに簡単に変換できます。まず、 Aspose.PDF for .NET を使用して、XPSをXLSXにエクスポートできます。その後、 Aspose.Cells for .NET Spreadsheet Programming APIを使用して、XLSXをEXCELに変換できます。

XPSをEXCELに変換する.NETAPI

  1. Document クラスを使用してXPSファイルを開きます
  2. Save メソッドを使用してXPSをXLSXに変換します
  3. Workbook クラスを使用してXLSXドキュメントをロードします
  4. Save メソッドを使用してドキュメントをEXCEL形式で保存し、「Excel」をSaveFormatとして設定します

変換要件

コマンドラインからnuget install Aspose.Totalとしてインストールするか、VisualStudioのパッケージマネージャーコンソールからInstall-PackageAspose.Totalを使用してインストールします。

または、 ダウンロード からオフラインMSIインストーラーまたはDLLをZIPファイルで取得します。

保護されたXPSをC#経由でEXCELに変換する

XPSドキュメントがパスワードで保護されている場合、パスワードなしでEXCELに変換することはできません。 APIを使用すると、最初に有効なパスワードを使用して保護されたドキュメントを開き、その後変換することができます。暗号化されたファイルを開くには、 Document クラスの新しいインスタンスを初期化し、ファイル名とパスワードを引数として渡すことができます。

C#を介して透かし付きのXPSファイルをEXCELに変換する

XPSファイルをEXCELに変換するときに、出力EXCELファイル形式に透かしを追加することもできます。透かしを追加するには、新しいワークブックオブジェクトを作成し、変換されたXLSXドキュメントを開き、インデックスからワークシートを選択し、シェイプを作成して、AddTextEffect関数を使用します。その後、透かしを使用してXLSXドキュメントをEXCELとして保存できます。