Python を使用して WORDML を画像に変換する

Microsoft Word® をインストールせずに、Python アプリケーションで WORDML から JPG、TIFF、BMP、PNG、GIF 画像に変換します。

 

アプリケーション内でWORDMLをPNG、BMP、TIFF、JPEG、およびGIF画像に変換する機能を追加しようとしているPython開発者向け。 Aspose.Total for Python via .NET API は、画像や Word ファイルのインポートとエクスポート、および変換プロセスの自動化に役立ちます。 これは、さまざまな形式を扱うさまざまな API の完全なパッケージです。

Aspose.Total for Python via .NET パッケージの一部である Aspose.Words for Python via .NET API を使用して、WORDML を JPG、PNG、GIF、BMP、および TIFF 画像変換機能に追加します。 単純な変換の場合は、わずか 2 行のコードです。 WORDML ファイルをロードし、適切な画像パスと関連する形式の SaveFormat を指定して save メソッドを呼び出します。 ただし、水平および垂直解像度、スケール、ピクセル形式、明るさなどの設定などの追加情報を設定する必要がある場合は、これらすべてに使用される ImageSaveOptions クラスがあります。 ImageSaveOptions を使用すると、特定の WORDML ページを透明または色付きの背景を持つ画像に簡単にレンダリングしたり、レンダリング中に解像度を指定したり、圧縮を構成したりできます。 要件に応じて、要件の時点で使用できます。 Word To Image 変換の別の方法を次に示します。

方法 Python で WORDML を画像に変換する

  • Document クラスを使用してソース WORDML ファイルをロードする
  • Aspose.Words for Python via .NET . ImageSaveOptions S のインスタンスを作成します。
  • PageSet を使用して変換するページ番号を指定する
  • プロパティを設定する
  • 出力ファイルのパスと指定したオプションをパラメーターとして渡しながら、save メソッドを呼び出します。 したがって、WORDML ファイルは指定されたパスで画像に変換されます。

変換要件

  • WORDML から画像 (JPG、PNG、GIF、BMP、TIFF) への変換には、Python 3.5 以降が必要です。
  • プロジェクト内の API を PyPI から直接参照 ( Aspose.Words )
  • または、次の pip コマンド pip install aspose.words を使用します。
  • さらに、Microsoft Windows または Linux ベースの OS ( Words の詳細を参照) および Linux の場合は、gcc および libpython の追加要件を確認し、 INSTALL の手順に従ってください。
 

PythonでWORDMLを画像に保存 - 簡単な変換

 
 

特定のオプションを使用した WORDML から画像への変換

 

WORDML の変換オプションを Python で探索

BMP を EMAIL に変換 (ビットマップ画像ファイル)
BMP を EML に変換 (ビットマップ画像ファイル)
BMP を EMLX に変換 (ビットマップ画像ファイル)
BMP を ICS に変換 (ビットマップ画像ファイル)
BMP を MBOX に変換 (ビットマップ画像ファイル)
BMP を MSG に変換 (ビットマップ画像ファイル)
BMP を OFT に変換 (ビットマップ画像ファイル)
BMP を OST に変換 (ビットマップ画像ファイル)
BMP を PST に変換 (ビットマップ画像ファイル)
BMP を VCF に変換 (ビットマップ画像ファイル)
DOC を EMAIL に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を EML に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を EMLX に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を ICS に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を MBOX に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を MHTML に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を MSG に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を ODP に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を OFT に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を OST に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を POT に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を POTM に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を POTX に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を POWERPOINT に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を PPS に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を PPSM に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を PPSX に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を PPT に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を PPTM に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を PPTX に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を PST に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を VCF に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOC を Images に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
DOCM を EMAIL に変換 (Microsoft Word 2007 マルコ ファイル)
DOCM を EML に変換 (Microsoft Word 2007 マルコ ファイル)
DOCM を EMLX に変換 (Microsoft Word 2007 マルコ ファイル)
DOCM を ICS に変換 (Microsoft Word 2007 マルコ ファイル)
DOCM を MBOX に変換 (Microsoft Word 2007 マルコ ファイル)
DOCM を MHTML に変換 (Microsoft Word 2007 マルコ ファイル)
DOCM を MSG に変換 (Microsoft Word 2007 マルコ ファイル)

WORDML ファイル形式とは

Microsoft Word 2003 では、WordprocessingML として知られる独自のドキュメント形式が導入されました。 XML に基づくこの形式は、カスタム XML スキーマを利用して、テキスト、書式設定、画像、その他のコンテンツを含む Word 文書のさまざまな要素を保存します。 WordprocessingML は、人間が読める品質と機械が読める品質の両方を維持しながら、すべてのドキュメント情報の包括的な表現を提供することを目的としています。

人間が読めるということは、WordprocessingML ドキュメントに簡単にアクセスし、標準のテキスト エディタを使用して編集できることを意味します。このアクセシビリティにより、ユーザーは必要に応じて基礎となる XML 構造を直接操作できるようになります。さらに、WordprocessingML は、コンピュータ システムによる自動処理と変換を容易にするように設計されており、他の形式へのシームレスな変換やさまざまなソフトウェア アプリケーションとの統合が可能になります。

WordprocessingML はオープン スタンダードです。つまり、その仕様は参照および公開されています。開発者による実装。このオープン性により、WordprocessingML ドキュメントを読み書きできる OpenOffice.org や LibreOffice などのオープンソース ソリューションを含む、多数のソフトウェア プログラムの開発が促進されました。このようなツールの利用可能性により、WordprocessingML ファイルのアクセシビリティと相互運用性が Microsoft Word エコシステムを超えて拡張されます。

Microsoft Word は、世界中で最も広く使用されているワード プロセッシング プログラムの 1 つであり、XML としての WordprocessingML の人気に貢献しています。ベースのワープロ形式。 WordprocessingML は広く受け入れられているため、豊富な形式のドキュメントを共有および交換するための一般的な標準として確立されています。