Python経由でXLSXをDOCMに変換 またはオンラインアプリ

Microsoft Excel® または Word をインストールせずに、Python アプリケーションで XLSX から DOCM への変換

 

アプリケーション内に XLSX から DOCM への変換機能を追加しようとしている Python 開発者向け。 Aspose.Total for Python via .NET API は、変換プロセスの自動化に役立ちます。 XLSX や DOCM ファイルなど、さまざまな形式を扱うさまざまな API の完全なパッケージです。

主に2段階です。 まず Aspose.Cells for Python via .NET API を使用して XLSX ファイルを HTML に変換します。 その後、Word Python API Aspose.Words for Python via .NET を使用して、作成した HTML を任意の Microsoft Word 形式で保存します。

Python で XLSX を DOCM に変換する方法

  • ステップ1 Workbook クラスを使用してソース XLSX ファイルを開く
  • ファイル名と目的のディレクトリ パスを指定して、save(file, SaveFormat.HTML) メソッドを使用して XLSX ファイルを HTML に保存します。
  • ステップ2 Document クラスのインスタンスを含む HTML ファイルをロードする
  • 出力 DOCM ファイルのパスを指定して、save メソッドを呼び出します。 したがって、XLSX ファイルは指定されたパスで DOCM に変換されます

変換要件

  • XLSX から DOCM への変換には、Python 3.5 以降が必要です。
  • プロジェクト内の API を PyPI から直接参照 ( Aspose.Cells および Aspose.Words )
  • または、次の pip コマンド pip install aspose-cells-python および pip install aspose.words を使用します。
  • さらに、Microsoft Windows または Linux ベースの OS ( Cells および Words の詳細を参照) および Linux の場合、gcc および libpython の追加要件を確認し、 ステップバイステップの説明 に従います。
 

Python で XLSX を HTML に保存 - ステップ 1

 
 

Python で HTML を DOCM に保存する - ステップ 2

 

XLSXからDOCMへの無料オンラインコンバーター

よくある質問

  • オンラインで XLSX を DOCM に変換するにはどうすればよいですか?
    XLSX変換用のオンラインアプリは上記に統合されています。まず、ファイルをドラッグ アンド ドロップするか、白い領域内をクリックしてドキュメントをインポートすることにより、XLSX ファイルを DOCM に変換できます。ファイルがアップロードされたら、[変換] ボタンをクリックします。 XLSX から DOCM への変換が完了したら、変換されたファイルをワンクリックで簡単にダウンロードできます。これにより、出力 DOCM ファイルが提供されます。
  • XLSX の変換にはどのくらいの時間がかかりますか?
    オンラインの XLSX から DOCM へのコンバーターは高速に動作しますが、速度は主に変換する XLSX ファイルのサイズによって異なります。小さい XLSX ファイルは、わずか数秒で DOCM 形式にレンダリングできます。さらに、.NET アプリケーション内に変換コードを統合した場合、変換プロセスの速度は、アプリケーションをどの程度最適化したかによって異なります。
  • 無料の Aspose.Total コンバーターを使用して XLSX を DOCM に変換しても安全ですか?
    もちろん! DOCM ファイルのダウンロード リンクは、変換後すぐに利用できるようになります。ファイルをアップロードしてから 24 時間後にファイルが削除され、ダウンロード リンクは非アクティブになります。誰もあなたのファイルにアクセスできず、XLSX を含むファイル変換は完全に安全です。無料アプリは主にテスト目的で統合されており、コードを統合する前に結果を確認できます。
  • XLSX を変換するには、どのブラウザを使用すればよいですか?
    このオンライン変換には、Google Chrome、Firefox、Opera、Safari などの最新の Web ブラウザーを利用できます。ただし、デスクトップ アプリケーションを開発している場合、Aspose.Total XLSX Conversion API はシームレスに動作します。

XLSX の変換オプションを Python で探索

XLSX を DOC に変換 (Microsoft Wordバイナリ形式)
XLSX を DOCX に変換 (Office 2007以降のWord文書)
XLSX を DOT に変換 (Microsoft Wordテンプレートファイル)
XLSX を DOTM に変換 (Microsoft Word 2007+ テンプレート ファイル)
XLSX を DOTX に変換 (Microsoft Wordテンプレートファイル)
XLSX を MOBI に変換 (オープン電子ブック形式)
XLSX を ODT に変換 (OpenDocument テキスト ファイル形式)
XLSX を OTT に変換 (OpenDocument テンプレート)
XLSX を POT に変換 (Microsoft PowerPoint テンプレート ファイル)
XLSX を POTX に変換 (Microsoft PowerPoint テンプレートのプレゼンテーション)
XLSX を POWERPOINT に変換 (プレゼンテーションファイル)
XLSX を PPS に変換 (PowerPoint スライド ショー)
XLSX を PPSM に変換 (マクロを有効にしたスライド ショー)
XLSX を PPSX に変換 (PowerPoint スライド ショー)
XLSX を PPT に変換 (パワーポイントによるプレゼンテーション)
XLSX を PPTM に変換 (マクロが有効なプレゼンテーション ファイル)
XLSX を PPTX に変換 (オープン XML プレゼンテーション形式)
XLSX を RTF に変換 (リッチテキスト形式)
XLSX を WORD に変換 (ワープロのファイル形式)
XLSX を WORDML に変換 (Microsoft Word 2003 ワードプロセッサML)

XLSX ファイル形式とは

XLSX ファイル形式は、Microsoft Excel でスプレッドシート データを保存するために広く使用されているファイル形式です。これは、ソフトウェアの最近のバージョンにおける Excel ワークブックのデフォルトおよび標準形式です。XLSX ファイルは、構造化された効率的な方法でデータを保存するように設計されています。これらは、オフィス文書を保存および操作するためのオープン標準である Open XML 形式を利用します。この形式には、ファイル サイズの縮小やデータ回復機能の向上など、いくつかの利点があります。

XLSX ファイルを使用すると、ユーザーは幅広い機能を使用して Excel でデータを作成、編集、分析できます。この形式は、数値、テキスト、数式、グラフ、書式設定オプションなど、さまざまなタイプのデータをサポートします。また、単一のワークブック内に複数のワークシートを作成できるため、複雑なデータ セットを整理し、柔軟性を持たせることができます。

XLSX 形式の大きな利点の 1 つは、さまざまなプラットフォームやソフトウェア アプリケーションとの互換性です。 XLSX ファイルは、Microsoft Excel だけでなく、Google Sheets、LibreOffice Calc、Apple Numbers などの他のスプレッドシート プログラムでも開いて編集できます。これにより、さまざまなプラットフォームやソフトウェア環境間でのデータの共同作業や共有が容易になります。

さらに、XLSX ファイルは堅牢なデータ保護とセキュリティ機能を提供します。ユーザーはパスワードを適用してワークブックまたは特定のワークシートへのアクセスを制限し、機密情報の機密性と完全性を確保できます。

DOCM ファイル形式とは

DOCM ファイル形式は、マクロを含む文書を示すために Microsoft Word で使用される拡張子です。 Microsoft Word は、ユーザーがさまざまな種類の文書を作成および編集できるようにする、広く使用されているワードプロセッサ プログラムです。 Word のマクロは、繰り返しのタスクを自動化したり、機能を強化したり、ドキュメントにカスタム機能を追加したりする小さなプログラムまたはスクリプトです。

DOCM ファイルにマクロを組み込むことで、ユーザーは複雑なタスクの実行など、Word ドキュメント内のタスクを自動化できます。計算、動的コンテンツの生成、または特定の書式設定の適用。マクロは通常、Microsoft Office アプリケーションに統合されているプログラミング言語である Visual Basic for Applications (VBA) で記述されます。

マクロを使用することで、ユーザーはワークフローを合理化し、時間を節約し、生産性を向上させることができます。パーソナライズされたテンプレートを作成したり、ドキュメントの書式設定を自動化したり、特定のニーズに合わせたカスタム ソリューションを開発したりできます。ユーザーは DOCM ファイル内のマクロにアクセスして実行することができ、ドキュメント内でインタラクティブで動的なエクスペリエンスを提供します。

マクロは有害なアクションの実行に使用される可能性があるため、DOCM ファイルには悪意のあるマクロが含まれる可能性があることに注意することが重要です。またはマルウェアを拡散します。セキュリティ対策として、Microsoft Word はさまざまなセキュリティ設定を適用して、DOCM ファイル内のマクロの実行を制限します。通常、不明なソースまたは信頼できないソースからの DOCM ファイルを開くと、マクロを有効または無効にするように求められます。

DOCM 形式は Microsoft Word と完全な互換性があり、アプリケーションを使用して開いたり、編集したり、保存したりできます。ただし、他のワープロ ソフトウェアや古いバージョンの Microsoft Word との互換性は異なる場合があります。さまざまなプラットフォーム間での互換性を確保するには、マクロをサポートしない DOCX などの代替形式で DOCM ファイルを保存することをお勧めします。