Aspose.Words  for C++

C++Word文書処理API

Microsoft Wordを必要とせずに、C++アプリケーションでMicrosoftWordドキュメントを生成、編集、変換、レンダリングします。

  ダウンロード无料トライアル
  
 

Aspose.Words for C++ は、幅広い処理タスクを実行するための高度なWordドキュメント処理APIです。 WordsのAPIは、Microsoft Wordを必要とせずに、ドキュメントの書式設定、操作、メールマージ、透かしなどの機能を独自のC++アプリケーション内で直接提供します。

Aspose.Words APIは、ほとんどのMicrosoft Word形式をサポートしており、ドキュメントページをさまざまな画像形式にレンダリングできます。したがって、DOC、DOCX、PDF、RTF、DOT、DOTX、DOTM、DOCM、FlatOPC、ODT、OTT、HTML、MHTML、MOBI、TXT、XPS、PS、TIFF、JPEG、PNG、BMP、 SVG、EMF、GIF、PCL、EPUB、XML、XAMLなど。 あなたが見ることができます サポートされている形式の完全なリスト.

Functionality of Aspose.Words for C++

Aspose.Wordsは、自己完結型のC++ライブラリです。 C++コードを機能させるために、追加のアプリケーションをインストールする必要はありません。 このC++APIは、 ドキュメントオブジェクトモデル(DOM) ドキュメントノードと要素にアクセスします。

高度なC++WordAPI機能

オンラインアプリケーションページで、人気のあるAspose.Words機能のいくつかを試すことができます。

あなたが試すことができます すべてのAspose.Wordsオンラインアプリケーション.

Aspose.Wordsで最も人気のある機能のドキュメントも確認してください。

リストは完全ではないことに注意してください。その他の機能と説明は、 documentation.

ドキュメントオブジェクトモデルを使用したプログラミング

APIを使用すると、C++アプリケーションでMicrosoftWordファイルの作成を自動化したり、用語や機能でMicrosoftWordを模倣した直感的なドキュメントオブジェクトモデルを使用したフォーマットを含むファイルを開いたり変更したりできます。 C++開発者は、セクション、段落、テーブル、ブックマーク、フィールド、フォームフィールド、コメント、画像、スタイルなどを含むすべての要素を動的に作成、変更、抽出、および置換できます。

ドキュメントを変換する in C++

2行のコードで、サポートされている形式から別の形式にファイルを変換します。とても簡単です!

C++を使用してWordをPDFに変換します。 DOCXからPDF– C++


//ドキュメントをディスクからロードします。
System::SharedPtr doc = System::MakeObject(inputDataDir + u"Rendering.doc");

System::String outputPath = outputDataDir + u"Doc2Pdf.SaveDoc2Pdf.pdf";
//ドキュメントをPDF形式で保存します。
doc->Save(outputPath);
     

C++でドキュメントに参加または追加する

Aspose.Words for C++は、複数のファイルを1つに結合および追加することをサポートしています。このプロセスは非常にシンプルで構成可能であり、ファイルの結合方法を制御する手段を提供します。 C++ワードプロセッシングライブラリでは、ドキュメントを結合した後にページ番号をリセットすることもできます。

2つのファイルをマージする– C++


//ソースファイルと宛先ファイルをロードします.
auto dstDoc = System::MakeObject<Document>(dir + u"destination.doc");
auto srcDoc = System::MakeObject<Document>(dir + u"source.doc");

//追加されたファイルを新しいページで開始するように設定します.
srcDoc->get_FirstSection()->get_PageSetup()->set_SectionStart(SectionStart::NewPage); 

//ソースファイルにある元のスタイルを使用してソースファイルを追加します.
dstDoc->AppendDocument(srcDoc, ImportFormatMode::KeepSourceFormatting); 

//結果を保存します.
dstDoc->Save(dir + u"output.doc);

C++でドキュメント保護を使用する

Aspose.Words for C++は、1行のコードでドキュメントを保護および保護解除する機能を提供します。注釈の追加、改訂の作成、フォームへの入力など、ユーザーが限定的な変更のみを行えるように保護を設定できます。

ファイルの保護と保護解除– C++


//処理するドキュメントをロードします.
auto wrdoc = System::MakeObject<Document>(dir + u"template.doc");

//ファイルを保護します.
wrdoc->Protect(ProtectionType::AllowOnlyFormFields, u"password");

//ファイルの保護を解除します.
wrdoc->Unprotect();
  
  

Aspose.Wordsは、以下に示すように、他の一般的な開発環境向けに個別のワードプロセッシングAPIを提供します。