C++経由でPDFAをPDFに変換

PDFA から PDF へのC++ 変換。プログラマーは、API サンプルコードを使用して PDFA ファイルをVC++、GNU C++で PDF に変換するアプリケーションがあります。

C++ の PDFA を PDF に変換

PDFA を PDF に変換するにはどうすればいいですか?最新のドキュメント処理 C++ API を使用すると、ドキュメントを PDFA 形式から PDF 形式にプログラム的に簡単に変換できます。ほんの数行の C++ コードで高品質のファイルを変換できます。Aspose.PDF ライブラリを使用すると、どの開発者も C++ を使用して PDFA を PDF に変換するタスクを効率的に解決できます。

コードスニペットやその他の可能な変換形式の詳細については、ドキュメント ページを参照してください。また、ライブラリでサポートされている他の 変換 形式の確認もできます。

PDFA を PDF に変換するには、C++ プラットフォーム用の機能豊富で強力で使いやすい変換 API である Aspose.PDF for C++ API を使用します。ライブラリのインストールの詳細については、ドキュメント ページで確認してください。ライブラリの利点を確認するには、PDFA から PDF への変換コードスニペットを使用してみてください。NuGet パッケージマネージャーを開き、Aspose.PDF を検索してインストールします。パッケージマネージャーコンソールから次のコマンドを使用することもできます。

Package Manager Console

PM > Install-Package Aspose.PDF.Cpp

PDFA を PDF に変換する方法


C++ 開発者は、わずか数行のコードで PDFA ファイルを PDF に簡単にロードして変換できます。

  1. 新しいドキュメントを初期化
  2. PDF/A コンプライアンス情報の削除
  3. 出力された PDF ファイルを保存する

システム要件


C++ 用の Aspose.PDF は、すべての主要なオペレーティングシステムでサポートされています。次の前提条件を満たしていることを確認してください。

  • マイクロソフトウィンドウズ、またはWindows 32ビット、Windows 64ビット、およびLinux 64ビット用のC++ランタイム環境を備えた互換性のあるOS。
  • マイクロソフトビジュアルスタジオのような開発環境。
  • Aspose.PDF for C++ DLL がプロジェクトで参照されています。

C++ で PDFA を PDF に変換する方法を示す例を次に示します。PDFA ファイルを PDF 形式に変換するには、以下の簡単な手順に従ってください。まず PDFA ファイルをアップロードしてから、PDF ファイルとして保存します。PDFA の読み取りと PDF の書き込みの両方に完全修飾ファイル名を使用できます。出力される PDF の内容とフォーマットは、元の PDFA ドキュメントと同じになります。

例:C++ を使用して PDFA を PDF に変換します

このサンプルコードは PDFA から PDF C++ への変換を示しています

Input file:

File not added

Output format:

PDF

Output file:

// Load the PDFA.
auto doc = MakeObject<Document>(u"sourceFile.pdfa");

// Save in PDF format.
doc->Save(u"convertedFile.pdf", SaveFormat::Pdf);

PDFA を PDF に変換する C++ ライブラリ

Aspose.PDF for C++ は、開発者が Adobe Acrobat を使用せずに PDF ドキュメントを作成、読み取り、操作できるようにする強力な処理ライブラリです。フォームの作成、テキストの追加/編集、PDFページの操作、注釈の追加、カスタムフォントの処理など、幅広い機能を提供します。

Aspose.PDF for C++ は、開発者がアプリケーションに PDF 処理機能を追加できるようにするライブラリです。API を使用すると、Adobe Acrobat を使用せずに PDF ファイルを生成、読み取り、変換、操作するためのあらゆるタイプの 32 ビットおよび 64 ビットのアプリケーションを構築できます。

すべてのクラスとメソッドの詳細な説明と例は、API リファレンスの Aspose.PDF for C++ ライブラリ にあります。また、ドキュメント をご覧になることをお勧めします。